中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  フォルクスワーゲン >  up!
up!「フォルクスワーゲン」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2018年01月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
159.9万円~219.9万円
JC08モード燃費
21.0km/L~22.0km/L
10・15モード燃費
排気量
999cc
最高出力
75ps~116ps
駆動方式
FF
スケール
3610mm×1650mm×1495mm/他
乗車定員
4名


up!のグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
move up! 2018年01月~  159.9万円(税込) FF フロア5AT
move up! 2018年01月~  179.9万円(税込) FF フロア5AT
high up! 2018年01月~  197.4万円(税込) FF フロア5AT
comfort up! 2018年01月~  188.2万円(税込) FF フロア5AT
GTI 2018年06月~  219.9万円(税込) FF フロア6MT

up!の他のモデル

2018/01~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2017/04~2017/12 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
2015/06~2017/03 フルモデルチェンジ一部改良 JC08モード燃費25.9km/Lを達成  
2014/04~2015/05 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/05~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2012/10~2013/04 フルモデルチェンジ新車リリース クラス水準を超えたクオリティが自慢のエントリーモデル モデル一覧→
 

クルマニュース

エントリーモデルながら高いポテンシャルで走りを楽しめる『up!GTI』

▲限定600台で日本に導入された「up! GTI」。ワインディングロードで試乗する機会を得たのでその模様をお届けする発表当初より3ドアにはスポーティなエッセンスを感じていた2012年、“up!”が日本で発表したときに作りの良さと潔いデザインにとても脅威を感じ、グリルレスを感じさせるフロントまわりは未来のフォルクスワーゲンを予感させた。 デザイナーの“ワルター・デ・シルヴァ”氏も来日するくらい盛り上がった発表会であったのを思い出す。 わずかな時間だったが意見を交わしたときに「5ドアは横から見ると、3ドアとは全く違う柔らかい雰囲気を持ったデザインである」と語った。 そのときの解釈は5ドアは、ホットハッチとは違う実用を狙った戦略であったと思う。圧倒的に3ドアにスポーティなエッセンスを感じていた。 「up!」の3ドアの長いドアはスポーツカー的な雰囲気が漂う。それでいてリアの造形はクーペの造形に近ずけるようにショルダーラインをグッとせり上げ、軽快でスポーツハッチを予感させるデザインである。だからこそスポーティなモデルを待ち望んでいた。今回発売した「up!」にGTIを追加したと聞い  ・・・続きはこちら
(18-07-09)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索