中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  フォルクスワーゲン >  ザ・ビートル
ザ・ビートル「フォルクスワーゲン」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
245万円~405.5万円
JC08モード燃費
13.4km/L~18.3km/L
10・15モード燃費
排気量
1197cc~1984cc
最高出力
105ps~211ps
駆動方式
FF
スケール
4285mm×1815mm×1495mm/他
乗車定員
4名


ザ・ビートルのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
ベース 2019年10月~  245万円(税込) FF フロア7AT
デザイン 2019年10月~  283.9万円(税込) FF フロア7AT
Rライン 2019年10月~  309.8万円(税込) FF フロア7AT
2.0 Rライン 2019年10月~  361.5万円(税込) FF フロア6AT
デザイン マイスター 2019年10月~  309.5万円(税込) FF フロア7AT

ザ・ビートルの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2018/01~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良 カラーバリエーションを変更  
2017/07~2017/12 フルモデルチェンジ一部改良    
2016/09~2017/06 フルモデルチェンジマイナーチェンジ デザインが変更されて精悍さをアップ  
2015/10~2016/08 フルモデルチェンジ一部改良 インフォテイメントシステムを標準装備  
2015/07~2015/09 フルモデルチェンジ一部改良 エントリーグレードを追加設定  
2014/04~2015/06 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/05~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2012/04~2013/04 フルモデルチェンジ新車リリース 初代のフォルムを再現した21世紀のビートル モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台

▲山中湖周辺で行われた新型フォルクスワーゲン T-Cross(ティークロス)試乗会の様子をレポートする内外装のクオリティが高く走りにも期待フォルクスワーゲンの新しいコンセプトモデルが久しぶりに登場した。その名も“フォルクスワーゲン T-Cross(ティークロス)”同社のSUVシリーズの中で末っ子にあたるモデルである。 他社の同クラスコンパクトSUVと比べても、全長は短く全幅も小さいが、見る限り存在感は十分にある。塗装の具合も国産車と比べると重厚感がある。 このことからフォルクスワーゲンは、エントリーモデルにも手を抜かないメーカーであるといえよう。 ドアを開けて見ると、内装の出来が非常に良い。外装同様の高いクオリティで乗員をもてなす。これがフォルクスワーゲンの流儀である。 試乗会場となった山中湖周辺は起伏と少し道幅は狭いが、ツイスティなワインディングがあるのでT-Crossで試してみたい。騒音も少なく乗り心地も◎1.0L 3気筒エンジンを始動する。3気筒がゆえに振動が気になると思っていたが全く気にならない。これは使用しているプラットフォームの性能が良いからだ  ・・・続きはこちら
(20-01-18)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索