中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  フォルクスワーゲン >  パサートヴァリアント
パサートヴァリアント「フォルクスワーゲン」のカタログ情報!

パサートヴァリアントのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年04月~生産中モデル
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
358.3万円~616.6万円
JC08モード燃費
15.0km/L~20.6km/L
10・15モード燃費
排気量
1394cc~1984cc
最高出力
150ps~220ps
駆動方式
FF
スケール
4775mm×1830mm×1485mm/他
乗車定員
5名


パサートヴァリアントのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
TSI トレンドライン 2019年04月~  358.3万円(税込) FF フロア7AT
TSI エレガンスライン 2019年04月~  412.9万円(税込) FF フロア7AT
TSI ハイライン 2019年04月~  481.9万円(税込) FF フロア7AT
2.0TSI Rライン 2019年04月~  536.7万円(税込) FF フロア6AT
TDI エレガンスライン ディーゼルターボ 2019年04月~  447.9万円(税込) FF フロア6AT

パサートヴァリアントの他のモデル

2019/04~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2018/01~2019/03 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2017/07~2017/12 フルモデルチェンジ一部改良    
2016/11~2017/06 フルモデルチェンジ一部改良    
2015/07~2016/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 輸入車クラストップの低燃費を実現 モデル一覧→
2015/01~2015/06 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/04~2014/12 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/04~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 装備の充実化が図られた  
2011/05~2013/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 1.4L直噴ターボによる高い燃費性能を実現した モデル一覧→
2009/01~2011/04 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2008/01~2008/12 フルモデルチェンジ一部改良 ユーロ高により価格を改定  
2007/01~2007/12 フルモデルチェンジ一部改良 ユーロ高により価格を改定  
2006/04~2006/12 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 使い勝手を高めパサートベースのステーションワゴン モデル一覧→
1998/01~1998/03 フルモデルチェンジ一部改良    
1997/01~1997/12 フルモデルチェンジ一部改良    
1995/10~1996/12 フルモデルチェンジ一部改良 装備追加でより買い得に  
1995/01~1995/09 フルモデルチェンジ一部改良 右ハンドル仕様に変更  
1994/05~1994/12 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
1993/01~1994/04 フルモデルチェンジ一部改良 VR6を追加と仕様変更  
1991/11~1992/12 フルモデルチェンジ一部改良 モデル名変更  
1990/11~1991/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 空力性能の目立つスタイリッシュワゴン モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル

▲1.5Lターボエンジンを搭載したRラインに試乗する機会を得たのでその模様をレポートするコストをかけた質の高さにただ感心!昨年日本に導入された新型ポロは、国内で買えるコンパクトハッチバックの中で群を抜いてクオリティが高いモデルだ。 そして新たに“ポロ TSI Rライン”がラインナップに加わった。 注目すべきは日本初搭載となるエンジンで、1.5TSI Evoという1.5L 4気筒ターボユニットである。気筒休止システムや直噴コモンレールを使って効率とパフォーマンスを高めたという。 今回はこのモデルに乗ることができたのでその模様を簡単にお伝えしたい。 4気筒の1.5Lターボではあるが、トルクは2.5Lをしのぐ力を発揮しているので小さなボディには十分すぎると想像はつく。 しばらくぶりにポロの前に立つと、プロダクトへのこだわりとコストをいとわないボディの質の良さを改めて感じる。▲エナジェティックオレンジとシャープな印象の17インチホイールはGTIとは違った精悍さがあるステアリングの質感やインテリアパネルの精度の高さにはただ感心。正に質実剛健の雰囲気だ。大衆車でありながら  ・・・続きはこちら
(19-03-19)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索