中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  プリウス
プリウス「トヨタ」のカタログ情報!

プリウスのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2015年12月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
242.9万円~366.7万円
JC08モード燃費
34.0km/L~40.8km/L
10・15モード燃費
排気量
1797cc
最高出力
98ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4540mm×1760mm×1470mm/他
乗車定員
5名


プリウスのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.8 A プレミアム ツーリングセレクション 2015年12月~  320万円(税込) FF インパネCVT
1.8 A プレミアム 2015年12月~  310.7万円(税込) FF インパネCVT
1.8 A ツーリングセレクション 2015年12月~  292.7万円(税込) FF インパネCVT
1.8 A 2015年12月~  277.8万円(税込) FF インパネCVT
1.8 S ツーリングセレクション 2015年12月~  262.8万円(税込) FF インパネCVT

プリウスの他のモデル

2015/12~生産中モデル フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 走行性能が向上し、JC08モード燃費は40.8km/Lを達成 モデル一覧→
2014/04~2015/11 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2012/10~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 緊急時に役立つオプションを新設定  
2011/12~2012/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ スポーツコンバージョンモデルのG'sを新設定  
2009/05~2011/11 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 1.8Lエンジンやリダクションギアなどハイブリッドシステムが進化 モデル一覧→
2008/09~2009/04 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2007/09~2008/08 フルモデルチェンジ一部改良 新燃費基準で29.6km/lを達成  
2007/01~2007/08 フルモデルチェンジ一部改良 排ガスをさらにクリーンに  
2005/11~2006/12 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外装デザインを小変更  
2003/09~2005/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ハイブリッドシステムがさらに進化 モデル一覧→
2002/08~2003/08 フルモデルチェンジ一部改良 燃費性能を向上  
2001/08~2002/07 フルモデルチェンジ一部改良 パッケージオプションを設定  
2000/05~2001/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観の変更とシステムのパワーアップ  
1997/12~2000/04 フルモデルチェンジ新車リリース 世界初のハイブリッド乗用車 モデル一覧→
 

クルマニュース

EV走行だけじゃない! ハイブリッド車としても優秀すぎるプリウスPHV(試乗レポート)

▲プリウスPHVの公道での実力を確認! 電気自動車としてもガソリン車としてもすこぶる優秀であったEV走行性能が大幅アップしたトヨタのPHV近年発表される新車を見たとき、もはやハイブリッドだけではアドバンテージが低い。もっとCO2排出量を抑えてパフォーマンスも高く、しかもユーザーに負担を少なくすることが必要。それを継続的に行っていたトヨタの考え方をさらに強化したモデルが「プリウスPHV」である。 プリウスPHVの実力を試すため、横浜みなとみらい周辺の市街地と高速を含めた1000kmのロングドライブを行って性能を試したのでお伝えしたい。 今回の新たなプリウスPHVの最大の強みは、大容量リチウムイオン電池とシステムの高効率化によって完全なEV走行距離がカタログ値で68.2kmまで伸びた点であろう。さらに、高速時に時速135kmまでEV走行が可能な点も走行性能向上に期待ができる。 市街地の試乗でEV性能の良さと車としての仕上がりの良さを体感初めに、17インチのPHVで横浜の市街地と首都高を試乗した。一般的にはインチが大きくなるとタイヤの剛性が増すのでゴツゴツ感が増  ・・・続きはこちら
(17-06-05)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索