中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
カタログトヨタ一覧MR2FMC一覧MR2(1984~1989)MC一覧

MR2(1984~1989)のMC一覧

MR2(1984~1989)一覧

MR2(1988~1989) MR2(1988~1989)
生産期間 1988年08月~1989年09月

ハーフミラーガラスをTバールーフに採用

Tバールーフのガラスにハーフミラータイプを採用することで、外観をスポーティに演出するともに、太陽光透過を抑えてエアコンの冷却効率を向上させた。またリアスポイラーをLED式に変更した。(1988.8)

MR2(1987~1988) MR2(1987~1988)
生産期間 1987年08月~1988年07月

走行性能を向上を図る

1.6LのNAエンジンの各部を見直し、動力性能を向上させた。またスーパーチャージャーエンジン搭載車のサスペンションを見直し、同時にリアスタビライザーや高性能タイヤなどを採用したADパッケージを設定した。(1987.8)

MR2(1986~1987) MR2(1986~1987)
生産期間 1986年08月~1987年07月

エンジンの変更とTバールーフの追加

1.6Lスーパーチャージャー付き直4DOHCエンジンを新たに搭載 。同時に足回りの見直しを行い、パフォーマンスロッドの追加などを行い操縦安定性を向上させた。また1.6L車にTバールーフ車を設定した。(1986.8)

MR2(1985~1986) MR2(1985~1986)
生産期間 1985年06月~1986年07月

外装の変更と装備の充実

一部グレードにブロンズ合わせガラス、電磁ドアロック、そしてパワーウインドウを採用。またバンパー、スポイラーなどのボディ同色化、ファブリック地の天井およびサンバイザートリムへの採用などを行っている。(1985.6)

MR2(1984~1985) MR2(1984~1985)
生産期間 1984年06月~1985年05月

乗用車初のミッドシップ方式を採用

エンジンを車軸よりもボディ中央寄りに配置するミッドシップ。これを日本で初めて採用した2シータースポーツカーがMR2だ。外観は直線的でローシルエットなフォルムで、当時としては画期的なデザインを採用。搭載されるエンジンは1.6L と1.5Lの直4DOHC、サスは4輪ストラット式を採用し、少々トリッキーな乗り味が魅力だった。内装のデザインは外装同様に直線的で、狭い車内でも開放感を味わえるようにインパネを低くするなどの工夫がなされた。また3ディメンションスピーカーシステムやリアコンソールボックスなど狭い車内でも快適に使える装備を採用した。(1984.6)


トヨタのクーペ一覧のリンク
あ行
MR2
か行
カレン
カローラレビン
キャバリエクーペ
コロナクーペ
さ行
サイノス
スープラ
スプリンタートレノ
セプタークーペ
セラ
セリカ
ソアラ
英数字行
86

MR2のその他のフルモデルチェンジ一覧

MR2(1989~1999)

MR2(1989~1999)

MC一覧を見る