中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  MIRAI
MIRAI「トヨタ」のカタログ情報!

MIRAIのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
741万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
0cc
最高出力
154ps
駆動方式
FF
スケール
4890mm×1815mm×1535mm
乗車定員
4名


MIRAIのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
ベースモデル 2019年10月~  741万円(税込) FF AT

MIRAIの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2018/10~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良 トヨタセーフティセンスを標準装備  
2014/12~2018/09 フルモデルチェンジ新車リリース 優れた環境性能と利便性を実現した世界初の市販型燃料電池車 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ

▲今年8月にデビューしたコンパクトSUVのヤリスクロスに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートする力強い見た目が特徴的なヤリスクロストヨタが、世界戦略として展開するグローバルプラットフォームのうち、最後に登場したのが小型車用に開発された、GA-Bプラットフォームだ。 このプラットフォームを使って登場したのが、ヤリスであり今回試乗するヤリスクロスである。 ヤリスクロスは、名前の通りヤリスをSUV版のように仕立てているわけではない。ウエストラインよりも下は、シティ派という軟弱な雰囲気ではなく、SUVらしい力強さを強調したデザインだ。ヤリスよりも、RAV4のエッセンスを随所に取り入れたようだ。 ボディカラーは、洋服で流行りのニュアンスカラーと、ビビッドなゴールドを採用している。幅広い層に支持されるよう、守備範囲を広げている。片輪が浮いてもなんのその! 走破性が非常に高いでは試乗に移ろう。まず最初に、でこぼこのスロープが設置され、シーソーのように片輪が浮いてしまうような悪路をイメージした特設コースで、4WDの性能を試す。 早速スロ  ・・・続きはこちら
(20-11-02)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索