中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  ハイエース
ハイエース「トヨタ」のカタログ情報!

ハイエースのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
ミニバン
新車時価格
286.7万円~526.7万円
JC08モード燃費
8.9km/L~9.7km/L
10・15モード燃費
排気量
2693cc
最高出力
160ps
駆動方式
FR/4WD
スケール
5380mm×1880mm×2285mm/他
乗車定員
10名


ハイエースのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
2.7 グランドキャビン 2019年10月~  367.3万円(税込) FR インパネ6AT
2.7 グランドキャビン 4WD 2019年10月~  398.3万円(税込) 4WD インパネ6AT
2.7 GL ロング ミドルルーフ 2019年10月~  310.5万円(税込) FR インパネ6AT
2.7 GL ロング ミドルルーフ 4WD 2019年10月~  341.4万円(税込) 4WD インパネ6AT
2.7 DX ロング ミドルルーフ 2019年10月~  286.7万円(税込) FR インパネ6AT

ハイエースの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2017/12~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良 衝突回避支援システムを標準装備  
2016/06~2017/11 フルモデルチェンジ一部改良 安全性能を向上  
2015/01~2016/05 フルモデルチェンジ一部改良 環境性能が向上している  
2014/04~2014/12 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/12~2014/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の意匠が変更された  
2012/05~2013/11 フルモデルチェンジ一部改良 盗難防止性能や利便性の向上が図られた  
2010/07~2012/04 フルモデルチェンジマイナーチェンジ ターボディーゼルエンジンの環境性能を向上  
2007/08~2010/06 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と新ディーゼルエンジンを採用  
2005/11~2007/07 フルモデルチェンジ一部改良 ヘッドライトを改良  
2004/08~2005/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 新しいボディを与えられたビジネスモデル モデル一覧→
1999/07~2004/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観を変更しボディを50mm拡大  
1998/08~1999/06 フルモデルチェンジ一部改良 快適装備を充実  
1996/08~1998/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観の変更とデュアルエアバッグなどを標準化  
1995/08~1996/07 フルモデルチェンジ一部改良 エンジンの環境性能を向上  
1994/08~1995/07 フルモデルチェンジ一部改良 一部グレードの装備を充実  
1993/08~1994/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更とエンジンの追加  
1992/05~1993/07 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備を充実  
1990/10~1992/04 フルモデルチェンジ一部改良 エンジンの改良と4WDの設定を拡大  
1989/08~1990/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 1BOXの定番となった大ヒットモデル モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン

▲2019年9月にカローラフィールダーが担っていたステーションワゴンのポジションを引き継ぎ、新モデルとして登場したトヨタ カローラツーリング。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポートするツーリングが帰ってきたカローラには初代からワゴンタイプはあったものの、荷物を載せる用途としてのいわゆるバンのイメージが強かった。完全な脱却となったのはハイメカツインカムを搭載した、6代目カローラあたりではないかと思われる。グレードにも“Gツーリング”というものがあった。しかし本当の意味で、まったく新しいスポーティなワゴンとしてのカローラは、8月に登場した3ナンバープラットフォームを用いた “カローラツーリング”のみである。セダン同様、ボディサイズが日本仕様に変更されているというアナウンスは、今さらもう必要はないだろう。ハッチバック系の弱点は、セダンに比べリアの開口部の広さによって剛性が低くなるという点だ。しかしカローラスポーツでは、剛性に対してはホットハッチらしいパフォーマンスがしっかりと付与されていた。すでに試乗記でも記述しているが、  ・・・続きはこちら
(19-11-17)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索