中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  クラウンマジェスタ
クラウンマジェスタ「トヨタ」のカタログ情報!

クラウンマジェスタのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年08月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
642.6万円~715万円
JC08モード燃費
18.2km/L~19.0km/L
10・15モード燃費
排気量
2493cc~3456cc
最高出力
178ps~292ps
駆動方式
FR/4WD
スケール
4970mm×1800mm×1460mm/他
乗車定員
5名


クラウンマジェスタのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
3.5 Fバージョン 2016年08月~  698.8万円(税込) FR フロアCVT
3.5 2016年08月~  642.6万円(税込) FR フロアCVT
2.5 Four 4WD 2016年08月~  657.7万円(税込) 4WD フロアCVT
3.5 Fバージョン Jフロンティア 2016年08月~  715万円(税込) FR フロアCVT
2.5 Four Jフロンティア 4WD 2016年08月~  673.9万円(税込) 4WD フロアCVT

クラウンマジェスタの他のモデル

2016/08~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2015/10~2016/07 フルモデルチェンジ一部改良 先進の安全運転支援システム、ITSコネクトを搭載  
2014/07~2015/09 フルモデルチェンジ一部改良 ハイブリッドのフルタイム4WDモデルが追加  
2014/04~2014/06 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/09~2014/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 日本の高級車をけん引する“トップ・オブ・トヨタ” モデル一覧→
2010/12~2013/08 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実させ、利便性の向上が図られた  
2009/03~2010/11 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ トヨタブランドの最高級セダン モデル一覧→
2006/07~2009/02 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と装備の充実  
2004/07~2006/06 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ トヨタマークを装着した最高級モデル モデル一覧→
2001/08~2004/06 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装のデザインを変更  
2000/04~2001/07 フルモデルチェンジ一部改良 快適装備の設定を拡大  
1999/09~2000/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 多くの電子デバイスを搭載したサイバーセダン モデル一覧→
1997/07~1999/08 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更とエンジンの改良  
1996/09~1997/06 フルモデルチェンジ一部改良 VSCを装備を拡大  
1995/08~1996/08 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ アメ車をイメージさせる印象的なリアビュー モデル一覧→
1994/08~1995/07 フルモデルチェンジ一部改良 高級シートトリムを全車に標準化  
1993/08~1994/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観のデザインを変更  
1992/10~1993/07 フルモデルチェンジ一部改良 4L車に4WDを追加  
1991/10~1992/09 フルモデルチェンジ新車リリース 大きなボディと豪華装備が満載のビッグクラウン モデル一覧→
 

クルマニュース

トヨタ クラウンマジェスタ (松本英雄)【ニューモデル試乗】

現行型クラウンシリーズと同様、大きく特徴的なフロントグリルやリアランプを採用。写真はオプションの18インチタイヤを装着しているトヨタブランドの最高峰がハイブリッド専用車についついボディの長さを忘れる取り回しの良さクラウンの最高峰であり、トヨタブランドの最高級モデルでもあるクラウンマジェスタ。6代目となりハイブリッド専用車両に生まれ変わった。クラウンロイヤルをベースにホイールベースを75mm延長し、先代に比べるとお抱え運転手が運転するショーファードブリン色が強くなった。ストレッチしたのはBピラー後部。わずか75mmだが後席はそれ以上に広さを感じた。試乗したのは最上級のFバージョンの17インチ仕様と18インチ仕様。見た目では、断然18インチがカッコイイ。ロングホイールベースになった分、ホイールを大口径化しても堂々とした風格が保たれている。ドライバーズカーとして乗りたくなる出で立ちである。一方ドライビングフィールだが、サスペンションのセッティングが意外なほど引き締められており、ストレッチした車にありがちな緩さは感じない。内輪差やドアミラーに映る後部  ・・・続きはこちら
(13-12-04)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索