中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  カローラレビンハッチバック
カローラレビンハッチバック「トヨタ」のカタログ情報!

カローラレビンハッチバックのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
1985年05月~1987年04月
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
1452cc~1587cc
最高出力
85ps~130ps
駆動方式
FR
スケール
4200mm×1625mm×1335mm
乗車定員
5名


カローラレビンハッチバックのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
1.5 SR 1985年05月~1987年04月 FR フロア5MT
1.5 SR 1985年05月~1987年04月 FR フロア4AT
1.6 GTV 1985年05月~1987年04月 FR フロア5MT
1.6 GTアペックス 1985年05月~1987年04月 FR フロア5MT
1.6 GTアペックス 1985年05月~1987年04月 FR フロア4AT

カローラレビンハッチバックの他のモデル

1985/05~1987/04 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
1983/05~1985/04 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟

▲「WILD but FORMAL」といういまだに頭から消えない名キャッチフレーズ。世界に新しいジャンルをつくり出したトヨタ ハリアーは、23年経てもそのコンセプトを見失うことはない先代を踏襲しながらも成熟させたデザイン公道試乗をする前に、エクステリアの雰囲気をお伝えする。 ボディ断面はシャープ、複雑な抑揚は使わずにおおらかだが重厚感ある。先代のハリアーオーナーが成熟すると欲するデザインというところだろうか。 新しいハリアーにおけるデザインのクライマックスは、先代を踏襲したCピラーからギュッとキャビンを絞り込んだリアデザインをよりクリーンでスマートに見せたところにある。▲このリアビューからは豊かでゆとりがあることを想起させるエッセンスが感じ取れるドアを開けてインテリアも確認する。 水平基調のセンタークラスターは、質感を向上させるソフトパッドをうまく使用しながら美しく仕上げている。実際に手で触れると先代に比べて張りも弾力も向上した。▲水平基調にソフトパッドが配されたインテリアただし、目に見えにくい部分では価格を抑えるためにもコスト削減策を講じてい  ・・・続きはこちら
(20-08-30)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索