中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  C-HR
C-HR「トヨタ」のカタログ情報!

C-HRのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
クロカン・SUV
新車時価格
236.7万円~309.5万円
JC08モード燃費
15.2km/L~30.4km/L
10・15モード燃費
排気量
1196cc~1797cc
最高出力
98ps~116ps
駆動方式
FF
スケール
4390mm×1795mm×1550mm/他
乗車定員
5名


C-HRのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
ハイブリッド 1.8 S GR スポーツ 2019年10月~  309.5万円(税込) FF フロアCVT
ハイブリッド 1.8 G 2019年10月~  299.5万円(税込) FF フロアCVT
ハイブリッド 1.8 S 2019年10月~  273万円(税込) FF フロアCVT
1.2 S-T GR スポーツ 2019年10月~  273.2万円(税込) FF フロア6MT
1.2 G-T 2019年10月~  263.2万円(税込) FF フロア6MT

C-HRの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジマイナーチェンジ GR SPORTを新設定  
2018/05~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良 1.2Lターボ車に2WD車を追加設定  
2016/12~2018/04 フルモデルチェンジ新車リリース TNGA第2弾モデルであるコンパクトSUV モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる

▲トヨタ ヤリスのガソリンおよびハイブリッドモデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートするしっかりした走りが◎なハイブリッド今回試乗するモデルはトヨタ ヤリス。プロトタイプは試乗済みだが、ようやく一般道で市販モデルを試乗できたのでその模様をお伝えしたい。 ガソリン、ハイブリッドの両モデルを試乗する。初めに試乗するのは“ハイブリッド G”という、ハイブリッドモデルの中では中間になるグレードだ。 搭載されるパワーユニットは、91馬力を発生させる高効率の1.5L 3気筒エンジン。それに80馬力の出力と1.5L級のトルクを発生させるモーターを組み込んでいる。プロトタイプの試乗時にも記したが、ヤリスは剛性が非常に高い。ドアを閉めた瞬間からその質感の高さを感じ取れる。トヨタ ヤリスのプロトタイプ試乗記を見てみる2人乗車であるが、ノーマルの走行モードでも力があるので、走り出しはとても軽快な印象だ。 中間加速力も高く、ついついスポーティな走らせ方になってしまう。ターボラグのないマイルドな過給器付きのモデルといった雰囲気である  ・・・続きはこちら
(20-05-30)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索