中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  スバル >  ヴィヴィオタルガトップ
ヴィヴィオタルガトップ「スバル」のカタログ情報!

ヴィヴィオタルガトップのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
1993年05月~1994年04月
ボディタイプ
オープン
新車時価格
119.8万円~135.8万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
17.0km/L~19.6km/L
排気量
658cc
最高出力
48ps~64ps
駆動方式
FF
スケール
3295mm×1395mm×1380mm
乗車定員
4名


ヴィヴィオタルガトップのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
660 T-top 1993年05月~1994年04月 125.8万円 FF フロアCVT
660 T-top 1993年05月~1994年04月 119.8万円 FF フロア5MT
660 T-top GX-T 1994年02月~1994年04月 135.8万円 FF フロアCVT

ヴィヴィオタルガトップの他のモデル

1993/05~1994/04 フルモデルチェンジ新車リリース 今なお珍しい軽のオープン4シーター モデル一覧→
 

クルマニュース

コーナリング性能の進化に驚き! スバル WRX S4/STI(試乗レポート)

▲WRXは、同社のインプレッサよりも上位車種に位置するが、新型インプレッサに採用した“スバルグローバルプラットフォーム”ではなく、既存のプラットフォームを使用。インプレッサの出来栄えが良かっただけに、走行フィーリングなどの品質面では面目を保たなければいけない。こういった背景から、今回の開発陣の苦労が容易に想像される初期型は良い意味で期待を裏切るポテンシャルを持っていたスバル WRXは2014年の夏に発売以来、大人のスポーツセダンであることには変わりはないが、今回のマイナーチェンジで、大人の魅力はどこまで進化したのだろうか。WRXにはS4とSTIという2種類のモデルがある。S4は300psを発生する2L直噴ターボにスポーツトロニックと呼ばれるCVTを組み合わせたモデル。一方、STIは同じ2L直噴ターボから絞り出される308psを6速MTで操る、スポーツ性を強化したモデルである。このハイパワーユニットは信頼性もパフォーマンスも抜群である。▲本記事は、2017年夏に某所を貸し切って行われた試乗会のレポートである。写真はWRX STI TypeS(クリスタルホワイト)そ  ・・・続きはこちら
(17-09-19)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索