中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  スバル >  サンバートラック
サンバートラック「スバル」のカタログ情報!

サンバートラックのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2018年06月~生産中モデル
ボディタイプ
トラック
新車時価格
83.2万円~140.9万円
JC08モード燃費
17.4km/L~19.0km/L
10・15モード燃費
排気量
658cc
最高出力
46ps~53ps
駆動方式
FR/4WD
スケール
3395mm×1475mm×1780mm/他
乗車定員
2名


サンバートラックのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
660 TB 三方開 2018年06月~  83.2万円(税込) FR フロア5MT
660 TB 三方開 2018年06月~  92.9万円(税込) FR インパネ4AT
660 TB 三方開 4WD 2018年06月~  99.4万円(税込) 4WD フロア5MT
660 TB 三方開 4WD 2018年06月~  109.1万円(税込) 4WD インパネ4AT
660 TB スマートアシスト 三方開 2018年06月~  88.6万円(税込) FR フロア5MT

サンバートラックの他のモデル

2018/06~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2017/11~2018/05 フルモデルチェンジ一部改良    
2014/09~2017/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 軽トラックとしての基本性能がさらに進化 モデル一覧→
2014/04~2014/08 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2012/04~2014/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ダイハツからのOEM供給車に変更 モデル一覧→
2009/09~2012/03 フルモデルチェンジ一部改良 内外装のデザインを一新、快適性の向上が図られた  
2008/07~2009/08 フルモデルチェンジ一部改良 ベーシックモデルの機能性が向上  
2005/11~2008/06 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装を変更  
2004/09~2005/10 フルモデルチェンジ一部改良 ハイルーフ仕様車を追加  
2003/11~2004/08 フルモデルチェンジ一部改良 新グレードがラインナップに追加  
2002/09~2003/10 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装を変更  
2001/08~2002/01 フルモデルチェンジ一部改良 エンジンの改良で燃費、出力を向上  
2000/11~2001/07 フルモデルチェンジ一部改良 安全性能を強化  
2000/04~2000/10 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実化  
1999/02~2000/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ クラス唯一の4輪独立サスを採用 モデル一覧→
1997/11~1999/01 フルモデルチェンジ一部改良    
1996/09~1997/10 フルモデルチェンジ一部改良    
1995/10~1996/08 フルモデルチェンジ一部改良    
1993/12~1995/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
1992/09~1993/11 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
1991/08~1992/08 フルモデルチェンジ一部改良    
1990/02~1991/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
 

クルマニュース

スバルが世界標準にまで進化させた新型フォレスター

▲最大斜度25度をのぼるX-BREAK。今回はサーキットコースに加えて特別なオフロードコースでも試乗をしたプラットフォームを一新した5代目スバル フォレスターは1997年の登場以来、ワゴンから派生したかのようなニッチなモデルのクロスオーバーSUVとして、徐々に販売台数を伸ばした。 しかし、現在ではアメリカを中心にスバルの中核をなすモデルにまで成長している。 初代は乗用車ワゴンを力強くした印象が強く、ずんぐりとしたいでたちにハイパワーのターボエンジンを搭載した、新しいジャンルのモデルであった。 アウトドアに精通した、ハイパワーと高い安定性を求めるユーザーに相応しいマニアックな装いも、当時のスバリスト(スバルファン)にはグッときたに違いない。 そして、ワゴンから発展したSUVではなく、本格的なクロスオーバーSUVのスタイルのデザインとなったのが2007年から発売を始めた3代目である。 また、従来の進化版ではあったが、2012年より販売された4代目では、プラットフォームのデザインに骨太な雰囲気を取り入れた。さらに質感向上にも努めて、既存のラフロード性能に加え付加価値も高めようとし  ・・・続きはこちら
(18-07-15)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索