中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  スバル >  レガシィツーリングワゴン
レガシィツーリングワゴン「スバル」のカタログ情報!

レガシィツーリングワゴンのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2014年04月~2014年10月
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
259.2万円~374.8万円
JC08モード燃費
12.4km/L~14.4km/L
10・15モード燃費
排気量
1998cc~2498cc
最高出力
173ps~300ps
駆動方式
4WD
スケール
4790mm×1780mm×1535mm
乗車定員
5名


レガシィツーリングワゴンのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
2.5 i Bスポーツ 4WD 2014年04月~2014年10月 259.2万円(税込) 4WD フロアCVT
2.5 i Bスポーツ アイサイト 4WD 2014年04月~2014年10月 270万円(税込) 4WD フロアCVT
2.5 i Bスポーツ アイサイト Gパッケージ 4WD 2014年04月~2014年10月 286.2万円(税込) 4WD フロアCVT
2.5 i アイサイト Sパッケージ 4WD 2014年04月~2014年10月 307.8万円(税込) 4WD フロアCVT
2.0 GT DIT 4WD 2014年04月~2014年10月 364万円(税込) 4WD フロアCVT

レガシィツーリングワゴンの他のモデル

2014/04~2014/10 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/05~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 EyeSightを装備したリーズナブルなモデルを投入  
2012/05~2013/04 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 新世代ボクサーエンジンを採用  
2011/06~2012/04 フルモデルチェンジ一部改良 アイサイト搭載グレードが充実  
2010/05~2011/05 フルモデルチェンジ一部改良 安全性能の拡充が図られた  
2009/05~2010/04 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ゆとりある居住空間を確保するためボディを拡大 モデル一覧→
2008/05~2009/04 フルモデルチェンジ一部改良 ステレオカメラによる運転支援システム、アイサイトを採用  
2007/05~2008/04 フルモデルチェンジ一部改良 快適、機能性を向上させる装備を追加  
2006/05~2007/04 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観の変更と新システムの採用  
2005/05~2006/04 フルモデルチェンジ一部改良 足回りの性能を向上  
2004/05~2005/04 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実化  
2003/05~2004/04 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 走行性能を向上を狙い3ナンバー化 モデル一覧→
2001/05~2003/04 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更とグレードの追加  
2000/05~2001/04 フルモデルチェンジ一部改良 安全性能を向上  
1999/05~2000/04 フルモデルチェンジ一部改良 GT-B Eチューンが追加  
1998/06~1999/04 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 2Lミドルクラスのワゴンの大ヒットモデル モデル一覧→
1997/09~1998/05 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備を充実  
1996/06~1997/08 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観とエンジンの変更  
1993/10~1996/05 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ レガシィ人気を不動にしたモデル モデル一覧→
1992/06~1993/09 フルモデルチェンジ一部改良 新グレードを追加設定  
1991/05~1992/05 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装を変更  
1990/05~1991/04 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実化  
1989/02~1990/04 フルモデルチェンジ新車リリース バンから脱却しワゴンブームを作った モデル一覧→
 

クルマニュース

コーナリング性能の進化に驚き! スバル WRX S4/STI(試乗レポート)

▲WRXは、同社のインプレッサよりも上位車種に位置するが、新型インプレッサに採用した“スバルグローバルプラットフォーム”ではなく、既存のプラットフォームを使用。インプレッサの出来栄えが良かっただけに、走行フィーリングなどの品質面では面目を保たなければいけない。こういった背景から、今回の開発陣の苦労が容易に想像される初期型は良い意味で期待を裏切るポテンシャルを持っていたスバル WRXは2014年の夏に発売以来、大人のスポーツセダンであることには変わりはないが、今回のマイナーチェンジで、大人の魅力はどこまで進化したのだろうか。WRXにはS4とSTIという2種類のモデルがある。S4は300psを発生する2L直噴ターボにスポーツトロニックと呼ばれるCVTを組み合わせたモデル。一方、STIは同じ2L直噴ターボから絞り出される308psを6速MTで操る、スポーツ性を強化したモデルである。このハイパワーユニットは信頼性もパフォーマンスも抜群である。▲本記事は、2017年夏に某所を貸し切って行われた試乗会のレポートである。写真はWRX STI TypeS(クリスタルホワイト)そ  ・・・続きはこちら
(17-09-19)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索