中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  スバル >  レガシィB4
レガシィB4「スバル」のカタログ情報!

レガシィB4のカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年11月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
313.5万円~330万円
JC08モード燃費
14.8km/L
10・15モード燃費
排気量
2498cc
最高出力
175ps
駆動方式
4WD
スケール
4800mm×1840mm×1500mm
乗車定員
5名


レガシィB4のグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
2.5 Bスポーツ 4WD 2019年11月~  313.5万円(税込) 4WD フロアCVT
2.5 リミテッド 4WD 2019年11月~  330万円(税込) 4WD フロアCVT

レガシィB4の他のモデル

2019/11~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 スポーティさを表現したお買い得モデルを設定  
2018/10~2019/10 フルモデルチェンジ一部改良 アイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良  
2017/10~2018/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 安全性能も走行性能も向上  
2016/10~2017/09 フルモデルチェンジ一部改良 車線中央維持機能を追加  
2015/10~2016/09 フルモデルチェンジ一部改良 安全運転支援システムを標準装備  
2014/10~2015/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 6代目となるレガシィのセダン モデル一覧→
2014/04~2014/09 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/05~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 EyeSightを装備したリーズナブルなモデルを投入  
2012/05~2013/04 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 新世代ボクサーエンジンを採用  
2011/06~2012/04 フルモデルチェンジ一部改良 アイサイト搭載グレードが充実  
2010/05~2011/05 フルモデルチェンジ一部改良 安全性能の拡充が図られた  
2009/05~2010/04 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ボディの大きさを感じさせないスポーティセダン モデル一覧→
2008/05~2009/04 フルモデルチェンジ一部改良 ステレオカメラによる運転支援システム、アイサイトを採用  
2007/05~2008/04 フルモデルチェンジ一部改良 快適、機能性を向上させる装備を追加  
2006/05~2007/04 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観の変更と新システムの採用  
2005/05~2006/04 フルモデルチェンジ一部改良 2Lモデルをスポーティ化  
2004/05~2005/04 フルモデルチェンジ一部改良 天然ガス車を設定  
2003/06~2004/04 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 徹底的な軽量化でボディサイズ拡大を相殺 モデル一覧→
2001/05~2003/05 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と新グレードの追加  
2000/05~2001/04 フルモデルチェンジ一部改良 安全性能を向上  
1999/05~2000/04 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実化  
1998/12~1999/04 フルモデルチェンジ新車リリース セダンの人気を復活させたヒット作 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】スバル レヴォーグ(現行型)/レガシィツーリングワゴン(初代・2代目)|スバルの新旧ワゴンをイッキ乗り!

▲「SUBARU GT EXPERIENCE」に参加した自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗の模様をレポートする東京~長野を新旧ステーションワゴンで往復日本を代表する4WD車のメーカーといえば、やはりスバルである。独創的な水平対向ユニットと駆動方式の組み合わせた技術は、オンリーワンであることを知らしめた。 その中でもスタビリティの高い高速ツアラーといえば、「レガシィツーリングワゴン」である。 今回行われた試乗会は、「SUBARU GT EXPERIENCE」という名のもとに初代・2代目のレガシィツーリングワゴンと、その流れをくんで造られた最新のレヴォーグを乗り比べるというもの。スバルの本社がある東京・恵比寿から長野県阿智村を1泊2日で往復するといったコースだ。【1台目】レヴォーグ 2.0 STI スポーツ アイサイト(現行型)▲恵比寿から山梨県の勝沼まで「レヴォーグ 2.0 STI Sport EyeSight」に試乗する試乗1台目は、レヴォーグ 2.0 STI スポーツ アイサイト。スバルのモータースポーツ統括会社であるSTI(スバル・テクニ  ・・・続きはこちら
(19-10-22)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索