中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  スバル >  フォレスター
フォレスター「スバル」のカタログ情報!

フォレスターのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2018年07月~生産中モデル
ボディタイプ
クロカン・SUV
新車時価格
280.8万円~310万円
JC08モード燃費
14.6km/L~18.6km/L
10・15モード燃費
排気量
1995cc~2498cc
最高出力
145ps~184ps
駆動方式
4WD
スケール
4625mm×1815mm×1715mm/他
乗車定員
5名


フォレスターのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
2.5 ツーリング 4WD 2018年07月~  280.8万円(税込) 4WD フロアCVT
2.5 プレミアム 4WD 2018年07月~  302.4万円(税込) 4WD フロアCVT
2.5 エックスブレイク 4WD 2018年07月~  291.6万円(税込) 4WD フロアCVT
2.0 アドバンス 4WD 2018年09月~  310万円(税込) 4WD フロアCVT

フォレスターの他のモデル

2018/07~生産中モデル フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
2017/04~2018/06 フルモデルチェンジ一部改良    
2015/11~2017/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装を一新し、安全装備も拡充  
2014/11~2015/10 フルモデルチェンジ一部改良 内外装の仕様が変更された  
2014/04~2014/10 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/10~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 オプション装備が充実  
2012/11~2013/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 走行・安全・環境性能を高めたミドルサイズSUV モデル一覧→
2010/10~2012/10 フルモデルチェンジ一部改良 2LのNA車に新世代ボクサーエンジンを搭載  
2009/01~2010/09 フルモデルチェンジ一部改良 安全性の向上を図るとともに新グレード追加  
2007/12~2008/12 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 走りを進化させたクロスオーバーSUVの3代目 モデル一覧→
2007/01~2007/11 フルモデルチェンジ一部改良 装備の変更で質感が向上した  
2005/12~2006/12 フルモデルチェンジ一部改良 一部の仕様を変更  
2005/01~2005/11 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装を変更  
2004/02~2004/12 フルモデルチェンジ一部改良 STiバージョンを追加  
2003/02~2004/01 フルモデルチェンジ一部改良 装備を変更  
2002/02~2003/01 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 新開発のパワーユニットを搭載 モデル一覧→
2000/12~2002/01 フルモデルチェンジ一部改良 機能の変更と新グレードの追加  
2000/01~2000/11 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装を変更  
1998/09~1999/12 フルモデルチェンジ一部改良 装備を一部変更  
1997/02~1998/08 フルモデルチェンジ新車リリース ワゴンに悪路走行性能をプラスしたSUV モデル一覧→
 

クルマニュース

公道試乗でわかった! 新型フォレスターのガソリンモデルとHVモデルの違い

▲2018年7月に販売開始となった新型スバル フォレスター。今回は公道で試乗する機会を得たので、インプレッションをお届けしたいフォレスターにもSGPが採用されたスバルグローバルプラットフォーム(SGP)となってからのスバルは性能を一気に向上させた。 第1弾はインプレッサであったが、このクラスのFRレイアウトのプラットフォームとしては世界的に見ても相当水準が高い。 初めてSGPのフレームを見せてもらったとき、見えない部分にまで美しさを求めている印象を受けた。 「高性能のプラットフォームは美しくなくてはならない」という、エンジニアの美学が積み込まれているのだろう。 そのSGPが新型フォレスターに採用された。ボディの形状を見ればさらに熟成されたモデルになったことがわかる。今回は特にリアハッチまわりの剛性を向上させたという。 以前クローズドコースで試乗することができたのだが、ハイブリッドモデルの性能の良さがあまり伝わってこなかった。 一方で2.5Lのガソリンモデルは、CVTの制御を含めてドライバビリティが高いと感じていた。 ただ、両モデルに言えることがあった。それは高さのあるボデ  ・・・続きはこちら
(18-10-08)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索