中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ローバー >  800シリーズハッチバック
800シリーズハッチバック「ローバー」のカタログ情報!

800シリーズハッチバックのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
1990年08月~1992年12月
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
445万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
2675cc
最高出力
180ps
駆動方式
FF
スケール
4825mm×1730mm×1390mm
乗車定員
5名


800シリーズハッチバックのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
827ビテス 1990年08月~1992年12月 445万円 FF フロア4AT
827ビテス 1990年08月~1992年12月 445万円 FF フロア4AT

800シリーズハッチバックの他のモデル

1990/08~1992/12 フルモデルチェンジマイナーチェンジ ローバー伝統のフラッグシップ5ドアセダン  
 

クルマニュース

【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的

▲今年の夏から本格的なデリバリーが始まった新型ディフェンダーに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートする歴代モデルの良い部分を踏襲した新型ディフェンダー様々な4WDモデルを世に送り出してきたランドローバーの成り立ちを見れば、ディフェンダーというのは、ランドローバー社の基本となるモデルであるということがわかる。 なぜならディフェンダーは、60年以上継続的に生産された歴史的なモデルだからだ。そんな基本たるディフェンダーも、2019年に現行型となる新型がローンチされた。 コロナ禍によってなかなか紹介する機会がなかったが、新型ディフェンダーの5ドアモデルとなる110に試乗することができたので、そのレポートを伝えたい。 そもそも先代のディフェンダーは、強靭なハシゴフレームとスチール、アルミ合金のボディであった。だが新型は、アルミ合金のモノコックボディと独立懸架のサスペンションとなった。 先代は、フレームの重厚感がトラックのような印象で、乗り心地は決してよいものではなかった。新型のディフェンダーは、どのような乗り味なのかとても楽しみである。 実車を  ・・・続きはこちら
(20-10-10)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索