中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ルノー >  カングービボップ
カングービボップ「ルノー」のカタログ情報!

カングービボップのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2010年09月~2012年03月
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
234.8万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
1598cc
最高出力
105ps
駆動方式
FF
スケール
3870mm×1830mm×1840mm
乗車定員
4名


カングービボップのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
1.6 2010年09月~2012年03月 234.8万円(税込) FF インパネ5MT
発売記念限定車 2010年09月~2012年03月 234.8万円(税込) FF インパネ5MT

カングービボップの他のモデル

2010/09~2012/03 フルモデルチェンジ新車リリース   モデル一覧→
 

クルマニュース

パリの合理性が徹頭徹尾詰まっている、ルノー トゥインゴ(試乗レポート)

▲往年の名車5(サンク)や初代から多くの発想を得たという個性的なスタイルのスモール5ドアハッチバック。ルーフ全体が大きく開く、キャンバストップ仕様もラインナップ(199万円)するパリの合理性が徹頭徹尾詰まっている言われなければRR(リアエンジン・リアドライブ)とは気づかないかもしれない。そういう意味ではかつての5ターボに通じるし、実際にそれらはデザインモチーフにもなっているという。前部にエンジンがないわけで、ノーズが軽い。ステアリングを切るとスッと軽く曲がる。さらに前輪の切れ角は49度で、最小回転半径は4.3m。パリがそうであるのと同様、日本の細い路地にもぴったりだ。 従来RRは直進安定性で劣る、コーナーでオーバーステア傾向になりやすく運転が難しいと敬遠されてきたが、ルノーでは最新のデバイスで徹底的に横滑りを押さえ込んでおり、挙動は終始安定している。 全長が先代比で80㎜短くなっているもののホイールベースは125㎜も拡大。それゆえまず室内が広い。新型では4ドアにもなったし、後席も大人がしっかり座れるスペースを確保する。そして、これはそもそものスマートの思想を受け継ぐものだ  ・・・続きはこちら
(17-03-30)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索