中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ポルシェ >  911カブリオレ
911カブリオレ「ポルシェ」のカタログ情報!

911カブリオレのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2015年09月~生産中モデル
ボディタイプ
オープン
新車時価格
1510万円~2865万円
JC08モード燃費
10.7km/L~12.5km/L
10・15モード燃費
排気量
2981cc~3799cc
最高出力
370ps~580ps
駆動方式
RR/4WD
スケール
4505mm×1835mm×1295mm/他
乗車定員
4名


911カブリオレのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
カレラ PDK 2015年09月~  1510万円(税込) RR フロア7AT
カレラ PDK 2015年09月~  1510万円(税込) RR フロア7AT
カレラS PDK 2015年09月~  1813万円(税込) RR フロア7AT
カレラS PDK 2015年09月~  1813万円(税込) RR フロア7AT
カレラ4 PDK 2015年10月~  1610万円(税込) 4WD フロア7AT

911カブリオレの他のモデル

2015/09~生産中モデル フルモデルチェンジマイナーチェンジ 3Lのボクサー6ツインターボを新採用  
2014/04~2015/08 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2012/06~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 スポーツ性能と日常の利便性を向上  
2011/11~2012/05 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 新構造のソフトトップの採用で、よりスポーティに モデル一覧→
2011/06~2011/10 フルモデルチェンジ一部改良 ETCの全車標準装備化とカレラのフラッグシップモデルを追加  
2010/07~2011/05 フルモデルチェンジ一部改良 2011年モデル発表に合わせ価格を改定  
2009/07~2010/06 フルモデルチェンジ一部改良 価格の見直しおよび、新車保証期間を延長  
2008/07~2009/06 フルモデルチェンジ一部改良    
2007/08~2008/06 フルモデルチェンジ一部改良 08年モデルに変更  
2006/08~2007/07 フルモデルチェンジ一部改良 4WD車の追加と価格の変更  
2005/02~2006/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ オープンになっても運動性能は変わらず モデル一覧→
2003/08~2005/01 フルモデルチェンジ一部改良 走行中もオープン操作可能に  
2002/08~2003/07 フルモデルチェンジ一部改良 2003年モデル登場  
2001/09~2002/07 フルモデルチェンジ一部改良 エンジンや外観を911シリーズとして共通化  
2000/10~2001/08 フルモデルチェンジ一部改良 インテリアをアップグレード  
1999/11~2000/09 フルモデルチェンジ一部改良    
1998/11~1999/10 フルモデルチェンジ一部改良    
1998/04~1998/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 安全性も極めたオープンモデル モデル一覧→
1996/10~1998/03 フルモデルチェンジ一部改良    
1994/10~1996/09 フルモデルチェンジ一部改良 オープンスポーツカーを熟成  
 

クルマニュース

電動化がさらに“深化”した、ポルシェ パナメーラ 4 Eハイブリッド(海外試乗レポート)

▲プラグインハイブリッドモデルが2世代目にも登場した。918スパイダーをベースとしたハイブリッドコンセプトが取り入れられ、燃費だけでなく俊敏な加速や最高速にもモーターが貢献。スタートからすぐに700N・mの最大トルクを発生、0-100km/h加速4.6秒を実現する電動化がより“深化”した2代目パナメーラPHV車の電動化で地球温暖化に歯止めをかける。この命題にポルシェくらい真剣に取り組んでいるスポーツカーメーカーは他にない。先代パナメーラでハイブリッド、プラグインハイブリッド(PHV)を立て続けにリリースした彼らは、2代目パナメーラでも早々とプラグインハイブリッドを投入。まだハイブリッド化に踏み切れていない多くのライバルを再び大きく突き放したのである。 新型はロードノイズが抑えられて静粛性が改善されていた他、エアサスペンションがもたらす乗り心地はソフトめで快適。EV航続距離が50㎞に伸びたパワートレインはパワフルかつレスポンスが良好で不満を覚えない。先代よりもスリークに生まれ変わって911に近づいたプロポーション、大型ディスプレイとタッチセンサー式パ  ・・・続きはこちら
(17-05-02)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索