中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ポンテアック >  ボンネビル
ボンネビル「ポンテアック」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
1992年11月~1993年12月
ボディタイプ
セダン
新車時価格
450万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
3787cc
最高出力
170ps
駆動方式
FF
スケール
5080mm×1890mm×1445mm
乗車定員
5名


ボンネビルのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
SE 1992年11月~1993年12月 450万円 FF フロア4AT

ボンネビルの他のモデル

1992/11~1993/12 フルモデルチェンジ一部改良    
1991/11~1992/10 フルモデルチェンジ一部改良 エアロダイナミクスが魅力のフルサイズカー  
1991/01~1991/10 フルモデルチェンジ一部改良    
1990/01~1990/12 フルモデルチェンジ一部改良 ポンティアックの最上級フルサイズセダン  
 

クルマニュース

マツダが求める乗り心地とハンドリングを徹底追求したCX-3

▲今回は大幅に改良を加えたマツダのCX-3の試乗だ。ディーゼル、ガソリン両モデルのインプレッションをお届けする従来型は走りに関して不満があったが、新型は様々な部分を改良してきたCX-3はコンパクトながら存在感がある素晴らしいデザインであることはすでに何度も評価したが、走りに関しては何度も苦言を呈してきた。 2015年に発売以来、スポーティさを演出してヒラヒラと軽やかに街中や山間部をドライビングすることに専念しすぎたのか、足が地に着いたサスペンションセッティングではなかった。4WDもリアへのトラクション不足によるスタビリティが足らないのであった。 加えて静粛性の高い欧州車のディーゼルエンジン搭載車が増えていくに従ってCX-3のエンジンはノイズが気になる感じもしていた。 もちろん、CX-3の開発主査も理解していたようだが、当初の設計者が考えたセッティングを変更するのは容易ではない。なぜならば、今回の大幅なブラッシュアップを合わせると実に4回の変更をしてたどり着いたからだ。 単純にダンパーとスプリングを替えたわけではない。シートのクッション材の素材を吟味したり、ダンパーの容量アッ  ・・・続きはこちら
(18-06-25)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索