中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  プジョー >  407SW
407SW「プジョー」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2009年02月~2010年12月
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
434万円~486万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
8.0km/L~9.4km/L
排気量
2230cc~2946cc
最高出力
163ps~210ps
駆動方式
FF
スケール
4775mm×1840mm×1510mm
乗車定員
5名


407SWのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
2.2 2009年02月~2010年12月 434万円(税込) FF フロア4AT
3.0 2009年02月~2010年12月 486万円(税込) FF フロア6AT

407SWの他のモデル

2009/02~2010/12 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観の意匠や内装の素材を変更、HDDナビも標準装備に  
2007/05~2009/01 フルモデルチェンジ一部改良 2.2Lエンジンを改良し出力が向上  
2005/06~2007/04 フルモデルチェンジ新車リリース ネコ科のようなアグレッシブなマスクが特徴 モデル一覧→
 

クルマニュース

8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ

▲新開発の8速ATを2Lクリーンディーゼルに搭載したプジョー 3008 GT BlueHDi。「もっと注目されてもいいのに……」と思える1台なので改めて感想を述べたい今こそ要注目のプジョーここ数年で大きな変化を遂げたフランスの自動車メーカーがある。プジョーだ。保守的だが確実にユーザーに訴えるバリエーションを揃え、広いレンジから支持を集めているのだ。この6年ほどで飛躍的にハイクオリティなモデルも打ち出してきた。それも、ただのハイクオリティでは終わらないのがフランス車。剛性の高いフレキシブルプラットフォーム。心地よく動くサスペンション。大人のデコラティブ。そうした要素を高次元で実現したのが現行型の3008である。日本への導入は2017年から。当初はガソリンの1.6Lターボのみであった。その後、2Lディーゼルターボモデルが導入され、「GT BlueHDi」というグレードのみに8速ATを採用。これが、もう一段上のパフォーマンスとなっているのだ。本記事では、その「3008 GT BlueHDi」について、改めてお伝えしたい。日本のディーゼルSUV市場は、マツダやBMWが積極的  ・・・続きはこちら
(19-01-06)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索