中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
カタログプジョー一覧205FMC一覧205(1988~1994)MC一覧

205(1988~1994)のMC一覧

205(1988~1994)一覧

205(1992~1994) 205(1992~1994)
生産期間 1992年02月~1994年12月

205(1989~1992) 205(1989~1992)
生産期間 1989年10月~1992年01月

ATモデルを追加

90年モデルから、新たに205GTI AUTOが追加された。これは、1.9L 3ドアのスポーティなGTIに、4速ATとパワーステアリングを組みあわせたもの。エンジンの最高出力は100PSとなっており、MTよりも若干低い。同時に、XSにもAT及びパワーステアリングを組み合わせたXS SUTOが追加されている。

205(1988~1989) 205(1988~1989)
生産期間 1988年05月~1989年09月

プジョー人気を確立した205シリーズ

日本市場においてプジョーの認知度を一気に引き上げたのがこの205シリーズだろう。ピニンファリーナとプジョーの合作によるハッチバックデザインが魅力的なFFコンパクトカーだ。本国デビューは1983年で、日本へは1986年からオースチン・ローバー・ジャパンによって輸入された。ヨーロッパではベーシックなコンパクトカーとしてベストセラーカーとなったが、日本における人気は多少意味合いが異なっていた。日本市場で圧倒的な支持を得たのは最もホットなバージョンであるGTIシリーズだったのだ。フォグランプを埋め込んだバンパースポイラーや小ぶりなリアルーフエンドスポイラー、さらにはブラックアウトされたフェンダーアーチ、そしてその中に収まるワイドタイヤと専用アルミホイールが特徴的なスポーティモデルで、これほど運転する楽しさに満ちていたクルマはいまだかつて数少ない。当初は1.6Lの105ps版であったが、その後115ps、さらに1.9Lの120psへと発展する。人気は初期のテンロクキャブ車。カブリオレモデルのCTIも一世を風靡した。


プジョーのハッチバック一覧のリンク
1007
106
2008
205
206
207
208
3008
306
307
308
309