中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  日産 >  ルークス
ルークス「日産」のカタログ情報!

ルークスのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2020年03月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
141.6万円~207.1万円
JC08モード燃費
21.2km/L~27.2km/L
10・15モード燃費
排気量
659cc
最高出力
52ps~64ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
3395mm×1475mm×1780mm/他
乗車定員
4名


ルークスのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
660 S 2020年03月~  141.6万円(税込) FF インパネCVT
660 X 2020年03月~  154.7万円(税込) FF インパネCVT
660 ハイウェイスターX 2020年03月~  173.5万円(税込) FF インパネCVT
660 ハイウェイスターX プロパイロット エディション 2020年03月~  184.4万円(税込) FF インパネCVT
660 ハイウェイスターGターボ プロパイロット エディション 2020年03月~  193.3万円(税込) FF インパネCVT

ルークスの他のモデル

2020/03~生産中モデル フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 日産が企画、開発を行ったスーパーハイト軽ワゴン モデル一覧→
2012/06~2013/03 フルモデルチェンジ一部改良 アイドリングストップ付きモデルを投入  
2010/08~2012/05 フルモデルチェンジ一部改良 環境性能を向上し、減税対象グレードを拡大  
2009/12~2010/07 フルモデルチェンジ新車リリース スズキパレットのOEM。ハイウェイスターも用意 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台

▲フルモデルチェンジを経て、車名が「デイズルークス」から「ルークス」に戻った新型 日産 ルークス。一般道を中心に試乗した感想をお伝えしたい“日産イズム”を投入したスーパートール軽、性能やいかに?2020年3月にフルモデルチェンジした日産 ルークス。車名が変わっているが、デイズルークスを含む歴代ルークスシリーズでは3代目になる。日産が開発を主導し、特に“日産イズム”を投入したといえるスーパートールワゴンだ。▲試乗車は「ハイウェスター Gターボ プロパイロット エディション」。カラーはアメジストパープルとフローズンバニラパールの2トーンボディは非常に丁寧に作り込まれている。「V」を大きく使ったフロントマスクとエンジンフードの雰囲気にはかたまり感があり、デザインからも力の入れようが理解できる。見た目の質感も非常に良い。これには、三菱の工場での軽自動車製造ノウハウが生かされていそうだ。いままでの日産車では実現できていなかったフォルムのように思う。試乗する前に、前後のシートに座ってみた。内装、特にシートには、日産のエッセンスが導入されている感じがとても  ・・・続きはこちら
(20-08-17)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索