中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  光岡自動車 >  ロックスター
ロックスター「光岡自動車」のカタログ情報!

ロックスターのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
オープン
新車時価格
478.5万円~528万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
1496cc
最高出力
132ps
駆動方式
FR
スケール
4345mm×1770mm×1235mm
乗車定員
2名


ロックスターのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
1.5 S 2019年10月~  478.5万円(税込) FR フロア6MT
1.5 S スペシャル パッケージ 2019年10月~  507.7万円(税込) FR フロア6MT
1.5 S スペシャル パッケージ 2019年10月~  528万円(税込) FR フロア6AT

ロックスターの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2018/12~2019/09 フルモデルチェンジ新車リリース やんちゃ×スタイリッシュ×楽しさを体現させたオープンモデル モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う

▲アメリカンな雰囲気が漂うロックスターに自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗したマツダ ロードスターにかの名車のエッセンスを加えた1台光岡自動車をご存じだろうか。個性的なモデルを造っている自動車メーカーだ。 このメーカーの車は英国車にそっくりのモデルが主流だが、壊れにくくクラシカルな雰囲気を味わうことができ、様々な人から支持されてきた。 その光岡自動車が創立50周年記念モデルとして、2018年の11月に200台限定の新型モデルを発表した。それが今回試乗する“ロックスター”である。 光岡の車は、往年の名車の佇まいを既存の車で表現する手法を得意とする。 このロックスターのベースは、マツダ ロードスター(ND型)。“往年のアメリカ車”がデザインテーマだ。具体的には、1963年から67年まで製造されたシボレー コルベット(C2型)がモチーフだと思われる。▲写真右の車がベースとなった現行型のマツダ ロードスターだ▲フロントまわりのみならず、リアフェンダーやテールランプなどにもコルベットの要素が含まれている外観を見た限りクオリティが驚くほど高い。さすがハンドメイ  ・・・続きはこちら
(20-01-07)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索