中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  三菱 >  ミニキャブミーブ
ミニキャブミーブ「三菱」のカタログ情報!

ミニキャブミーブのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2017年01月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
176.9万円~215万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
0cc
最高出力
41ps
駆動方式
MR
スケール
3395mm×1475mm×1915mm
乗車定員
2/4名


ミニキャブミーブのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
CD 10.5kWh 4シーター ハイルーフ 2017年01月~  176.9万円(税込) MR AT
CD 16.0kWh 2シーター ハイルーフ 2017年01月~  212.9万円(税込) MR AT
CD 16.0kWh 4シーター ハイルーフ 2017年01月~  215万円(税込) MR AT

ミニキャブミーブの他のモデル

2017/01~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2015/07~2016/12 フルモデルチェンジ一部改良 急速充電機能を標準採用  
2014/10~2015/06 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備が充実した  
2014/04~2014/09 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/11~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 シートヒーターの範囲が拡大  
2011/12~2013/10 フルモデルチェンジ新車リリース 三菱の新世代電気自動車第2弾は軽商用車 モデル一覧→
 

クルマニュース

三菱 エクリプス クロスを雪上で試乗。今のところコレが「横置きエンジン最強の4WD」だ

▲2月上旬、北海道で開催された三菱試乗会。本記事では、エクリプス クロスにフォーカスし、試乗した感想をお届けする雪上では、車の剛性とサスペンション性能が明らかになる以前、三菱 エクリプス クロスのショートコースによるインプレションを寄稿したが、今回は、真の性能を試すにはもってこいの雪上コースにおけるインプレッションである。「新型エクリプス クロスのAWDが凄い! 三菱はクーペSUVにも本気だ」はこちら用意されたコースは、距離にして1km程度であろう。低速から中速のタイトなコーナに、アップダウンやバンク走行といった盛りだくさんの内容。ここを何周も周り、性能を見るのだ。雪上試乗では、その車のボディ剛性とサスペンション性能がよくわかる。たとえば、凸凹路面をきちんと捉えたサスペンションであれば、コントロールがしやすい。ドライバーや乗員の身体の揺れひとつで追従性も理解できる。雪の上では、車本来の性能が顕著に現れるのだ。▲今回の試乗コースはサーキットを利用して作られており、より様々なシチュエーションで試すことができた新型 エクリプスクロスには、三菱が誇る車両  ・・・続きはこちら
(18-03-02)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索