中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  三菱 >  ミニキャブミーブ
ミニキャブミーブ「三菱」のカタログ情報!

ミニキャブミーブのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
180.2万円~219万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
0cc
最高出力
41ps
駆動方式
MR
スケール
3395mm×1475mm×1915mm
乗車定員
2/4名


ミニキャブミーブのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
CD 10.5kWh 4シーター ハイルーフ 2019年10月~  180.2万円(税込) MR AT
CD 16.0kWh 2シーター ハイルーフ 2019年10月~  216.8万円(税込) MR AT
CD 16.0kWh 4シーター ハイルーフ 2019年10月~  219万円(税込) MR AT

ミニキャブミーブの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2017/01~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良 充電時の快適性が向上  
2015/07~2016/12 フルモデルチェンジ一部改良 急速充電機能を標準採用  
2014/10~2015/06 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備が充実した  
2014/04~2014/09 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/11~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 シートヒーターの範囲が拡大  
2011/12~2013/10 フルモデルチェンジ新車リリース 三菱の新世代電気自動車第2弾は軽商用車 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感

▲SUVテイストを加味した人気の軽スーパートールワゴンである三菱 eKクロススペースに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートするベースが同じ兄弟車との違いはどこにあるか軽自動車のスーパートールワゴンとして登場した、三菱 eKクロススペース。三菱 eKスペースと同様に、このeKクロススペースも日産 ルークスとメカニズムを同じくする。では、デザインと走りに関してどのような違いがあるのだろうか? そのあたりをお伝えしたい。日産 ルークスの試乗記はこちら三菱・日産それぞれの「らしさ」が光るデザインまずデザインであるが、三菱の顔となってすっかり定着したダイナミックシールドのグリルはとても力強い。軽自動車だからこそ力強い顔は頼もしい。フロントバンパーからフェンダーに流れていく造形はどっしりとした三菱流の頑丈なイメージだ。 リアにかけてはルークスと変わりはないものの、プレス技術は三菱のノウハウが投入されていて日産ではできない部分があって仕上がりがいい。 主導権は日産側にあるそうだが、お互いのモデルを試乗すると三菱側はエクス  ・・・続きはこちら
(20-08-20)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索