中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  三菱 >  アイ・ミーブ
アイ・ミーブ「三菱」のカタログ情報!

アイ・ミーブのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
300.3万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
0cc
最高出力
64ps
駆動方式
MR
スケール
3480mm×1475mm×1610mm
乗車定員
4名


アイ・ミーブのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
X 2019年10月~  300.3万円(税込) MR AT

アイ・ミーブの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2018/04~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良 ボディサイズを拡大し、軽自動車から登録車となった  
 

クルマニュース

【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!

あの車のデビュー当時を振り返る創刊36年目(2020年1月現在)を迎えるカーセンサーが、過去の試乗記を発掘し、今あえて紹介していくシリーズ。 今回は、1990年発売のカーセンサー Vol.137の記事「NEW CAR SENSOR」より三菱 GTOが登場したときの試乗レポートをWEB用に再構成してお届けする。 なお、本記事執筆者であり現在も活躍されているジャーナリストの石川さんより、当時を振り返りコメントをいただいたので、合わせてご覧になってほしい。 <石川さんのコメント> 当時の三菱は、モータースポーツやスポーツカー開発に熱心だった。 GTOも87年の東京モーターショーに展示されたHSCという2シーターの実験的スポーツカーをベースに開発され、市販されたものだった。 フロントエンジン、ツインターボ、4WDというほかに三菱グループの知恵と技術が集結していた。 背が低く、幅が広い車体は街中でも目立った存在。テストの時に困ったのはヘルメットを被ると天井にあたってしまい、ベストなポジションが取れなかったこと。 発表当時はレースにも出場するということだったが、バブルの崩壊ということも  ・・・続きはこちら
(20-02-16)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索