中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  三菱 >  アイ・ミーブ(軽)
アイ・ミーブ(軽)「三菱」のカタログ情報!

アイ・ミーブ(軽)のカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年12月~2018年02月
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
227.3万円~262.4万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
0cc
最高出力
41ps~64ps
駆動方式
MR
スケール
3395mm×1475mm×1610mm
乗車定員
4名


アイ・ミーブ(軽)のグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
M 2016年12月~2018年02月 227.3万円(税込) MR AT
X 2016年12月~2018年02月 262.4万円(税込) MR AT

アイ・ミーブ(軽)の他のモデル

2016/12~2018/02 フルモデルチェンジ一部改良    
2014/10~2016/11 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備が充実した  
2014/04~2014/09 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/11~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 新グレードXを設定  
2011/07~2013/10 フルモデルチェンジ一部改良 エントリーグレード、Mを追加  
2009/07~2011/06 フルモデルチェンジ新車リリース 軽自動車i(アイ)をベースとしたEV(電気自動車) モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?

▲ワインディングを快走するデリカD:5アーバンギア。トルクフルなディーゼルターボエンジンと小気味よくシフトチェンジする8速ATの組み合わせで、悪路だけでなくオンロードでもその性能を強烈に見せつけてくれた。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポートする全高の高いミニバンだからこそ、あえてワインディングでテストする意味がある!▲2019年2月にマイナーチェンジした三菱 デリカD:5はクローズドコースとオフロード、走破性を求められる雪上ラフロードと試乗をしている。凹凸激しいオフロードでは本格クロカン並みの高い走破性能を誇るモデルだ(写真は標準車)ミニバンとしては、類い希な性能であることはすでにご承知のとおりだが、公道ではどうだろう。 今回は一般道でもタイトなコーナーが連続する、箱根のワインディングで試乗することができた。 平坦な一般道でのパフォーマンスも十分大切ではあるが、ミニバンで大事なことのひとつに、スタビリティの高さがある。 全高があるミニバンは重心が高く不安定になりやすいため、スタビリティの高さを試すには勾配に加え、常に車体が左右に振られる  ・・・続きはこちら
(19-05-19)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索