中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ミニ >  ミニロードスター
ミニロードスター「ミニ」のカタログ情報!

ミニロードスターのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2014年04月~2015年11月
ボディタイプ
オープン
新車時価格
344万円~481万円
JC08モード燃費
13.0km/L~19.0km/L
10・15モード燃費
15.6km/L~20.5km/L
排気量
1598cc
最高出力
122ps~211ps
駆動方式
FF
スケール
3740mm×1685mm×1385mm/他
乗車定員
2名


ミニロードスターのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
クーパー 2014年04月~2015年11月 344万円(税込) FF フロア6MT
クーパー 2014年04月~2015年11月 357万円(税込) FF フロア6AT
クーパーS 2014年04月~2015年11月 374万円(税込) FF フロア6MT
クーパーS 2014年04月~2015年11月 387万円(税込) FF フロア6AT
ジョン・クーパー・ワークス 2014年04月~2015年11月 464万円(税込) FF フロア6MT

ミニロードスターの他のモデル

2014/04~2015/11 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2012/10~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 ハイパフォーマンスモデルにAT車を設定  
2012/01~2012/09 フルモデルチェンジ新車リリース ブランド初の2シーターオープンスポーツ モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード

▲2019年10月にマイナーチェンジしたミニクラブマン。中でも最上位グレードにあたるジョンクーパーワークスに、自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗したクラブマンの最上位モデルもはやオンリーワンともいえるミニのスタイル。今では様々なモデルや仕様によって、植物系から襲い掛かる肉食系までバリエーションは多岐にわたる。そのひとつがミニクラブマンだ。観音開きのリアゲートは、特にアイデンティティとスタイルが集約されている。このボディタイプの中で、最強を誇るのがミニクラブマン ジョンクーパーワークスだ。ジョン・クーパーはイギリスを代表する、F1を含めたレーシングカーのエポックメーキング的な想像力あふれるで人物である。今回のクラブマンは2代目の発展型である。2016年から18年に作られたジョンクーパーワークスの出力を236馬力から306馬力に大幅なパワーアップし、トルクはおよそ46kg・mとNAでいえば5L級に跳ね上げたのである。これだけのパワーはFFだけでは当然収まらないので、ALL4という4WDを携えている。今回のモデルでもパワーアップに伴い、こ  ・・・続きはこちら
(20-02-13)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索