中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  メルセデス・ベンツ >  Sクラス
Sクラス「メルセデス・ベンツ」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2017年08月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
1128万円~2442万円
JC08モード燃費
9.0km/L~10.5km/L
10・15モード燃費
排気量
2996cc~5980cc
最高出力
367ps~530ps
駆動方式
FR/4WD
スケール
5125mm×1900mm×1495mm/他
乗車定員
4/5名


Sクラスのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
S400 2017年08月~  1128万円(税込) FR コラム9AT
S400 2017年08月~  1128万円(税込) FR コラム9AT
S400 AMGライン 2017年08月~  1201.8万円(税込) FR コラム9AT
S400 AMGライン 2017年08月~  1201.8万円(税込) FR コラム9AT
S560 ロング 2017年08月~  1646万円(税込) FR コラム9AT

Sクラスの他のモデル

2017/08~生産中モデル フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
2016/06~2017/07 フルモデルチェンジ一部改良    
2015/04~2016/05 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/06~2015/03 フルモデルチェンジ一部改良 V12エンジン搭載のフラッグシップモデルが追加設定  
2014/04~2014/05 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/10~2014/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 「最高の自動車」を目指した高級車の新基準 モデル一覧→
2011/11~2013/09 フルモデルチェンジ一部改良 安全デバイス、レーダーセーフティパッケージを採用  
2009/09~2011/10 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 輸入車初となるハイブリッドモデルを追加  
2008/11~2009/08 フルモデルチェンジ一部改良 安全・快適装備を追加  
2007/01~2008/10 フルモデルチェンジ一部改良 ユーロ高により価格を改定  
2005/10~2006/12 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ M・ベンツのフラッグシップモデル モデル一覧→
2003/11~2005/09 フルモデルチェンジ一部改良    
2002/11~2003/10 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
2000/12~2002/10 フルモデルチェンジ一部改良    
1999/06~2000/11 フルモデルチェンジ一部改良    
1998/11~1999/05 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
1997/08~1998/10 フルモデルチェンジ一部改良    
1996/08~1997/07 フルモデルチェンジ一部改良    
1995/11~1996/07 フルモデルチェンジ一部改良    
1995/05~1995/10 フルモデルチェンジ一部改良    
1994/08~1995/04 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
1993/10~1994/07 フルモデルチェンジ一部改良    
1992/10~1993/09 フルモデルチェンジ一部改良    
1991/10~1992/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
1990/08~1991/09 フルモデルチェンジ一部改良    
 

クルマニュース

6500ものパーツを刷新し、新型Sクラスは別の車へと生まれ変わった

▲フラッグシップサルーンがマイナーチェンジ。複合的なセンサーシステムをもつインテリジェントドライブはさらに進化。車外からスマートフォンを用いて駐車操作が行えるリモートパーキングアシストなど、各種先進装備が追加されている本質が進化。もう迷う必要はない見るからに押し出しが強くなり、EクラスやCクラスとの差別化が明確になった外観。そして、新形状のステアリングホイールや大型COMANDディスプレイを得た内装など、視覚的にアピールする部分も大きく変わった。しかし、そこはメルセデス・ベンツ。新型Sクラスのフェイスリフトは、中身の充実ぶりが光る。まず、S550の後継となるS560、AMG S63、そしてS400といった主要グレードは、すべて新エンジンを9速ATとの組み合わせで搭載。レーダーセーフティパッケージも車線変更アシストや緊急回避補助などが備わる最新版にアップデートされている。他にも自動駐車機能、ウルトラハイビーム付きLEDヘッドライト等々、書ききれないほどの内容だ。しかし何より進化を感じるのは、車の本質、走りである。S560の乗り心地は格段に滑らかさを増していて、マッサージ機能  ・・・続きはこちら
(17-12-17)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索