中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  メルセデス・ベンツ >  Eクラス
Eクラス「メルセデス・ベンツ」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年07月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
675万円~988万円
JC08モード燃費
11.3km/L~21.0km/L
10・15モード燃費
排気量
1950cc~3498cc
最高出力
184ps~333ps
駆動方式
FR/4WD
スケール
4930mm×1850mm×1455mm/他
乗車定員
5名


Eクラスのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
E200 アバンギャルド 2016年07月~  675万円(税込) FR コラム9AT
E200 4マチック アバンギャルド 4WD 2016年10月~  698万円(税込) 4WD コラム9AT
E220d アバンギャルド ディーゼルターボ 2016年10月~  698万円(税込) FR コラム9AT
E200 アバンギャルド スポーツ 2016年10月~  727万円(税込) FR コラム9AT
E220d アバンギャルド スポーツ ディーゼルターボ 2016年10月~  750万円(税込) FR コラム9AT

Eクラスの他のモデル

2016/07~生産中モデル フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
2015/04~2016/06 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/04~2015/03 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/05~2014/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ ハイブリッドモデルもラインナップ  
2011/11~2013/04 フルモデルチェンジ一部改良 パワートレインを大幅に刷新  
2011/04~2011/10 フルモデルチェンジ一部改良 1.8L車のトランスミッションを7速ATに変更  
2010/08~2011/03 フルモデルチェンジ一部改良 仕様・装備の充実化が図られた  
2009/05~2010/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 新たなプレミアムセダンの指標 モデル一覧→
2008/08~2009/04 フルモデルチェンジ一部改良 装備内容を変更した  
2007/01~2008/07 フルモデルチェンジ一部改良 ユーロ高により価格を改定  
2006/08~2006/12 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更とラインナップ変更  
2005/08~2006/07 フルモデルチェンジ一部改良 新エンジンの搭載と装備の充実  
2004/08~2005/07 フルモデルチェンジ一部改良 E240の装備や仕様を変更  
2002/06~2004/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ グローバルスタンダードのアッパーミドルセダン モデル一覧→
2002/01~2002/05 フルモデルチェンジ一部改良    
2000/08~2001/12 フルモデルチェンジ一部改良    
1999/10~2000/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
1998/08~1999/09 フルモデルチェンジ一部改良    
1997/08~1998/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
1996/08~1997/07 フルモデルチェンジ一部改良    
1995/10~1996/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
1995/01~1995/09 フルモデルチェンジ一部改良    
1994/07~1994/12 フルモデルチェンジ一部改良    
1993/09~1994/06 フルモデルチェンジ新車リリース   モデル一覧→
 

クルマニュース

新型メルセデス・ベンツ EクラスはオールドEクラスファンにとっては複雑?なほどの軽快さ(試乗レポート)

▲アッパーミドルサルーンの模範となる、メルセデス・ベンツの本流ともいうべきFRサルーンの中核モデルがモデルチェンジ。車の仕上がりはもちろん、レベル2と呼ばれる準自動運転機能も話題時代の最先端に乗るか、反るか「常に世界のアッパーミドルクラスの模範たるべし」 誰が言ったか知らないが、歴代Eクラスが自動車史を塗り替えてきたことに異論を唱える人はいないだろう。そしてこの新型「W213」に課された大きな使命の一つが自動運転だ。テスラに少し先を越された自動車線変更機能「アクティブレーンチェンジアシスト」など、いわゆるレベル2と呼ばれる準自動運転機能を搭載する。ACCやレーンキープアシストの進化版である「ドライブパイロット」を作動中にウインカーを2秒以上点滅させると、自動的に車線変更を行う。交通量の多くない高速道路で試したが使い勝手は悪くない、あっという間に慣れた。 試乗車はE200。一瞬Eクラスに200?と思ったが、乗ればそれも杞憂に終わる。圧倒的なボディの軽さを感じる。2L4気筒直噴ガソリンターボに9速ATを組み合わせるが、日本の法定速度内において9速は使い切れないほどだ。新型Eク  ・・・続きはこちら
(17-01-10)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索