中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  メルセデス・ベンツ >  Cクラスワゴン
Cクラスワゴン「メルセデス・ベンツ」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年01月~生産中モデル
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
479万円~650.7万円
JC08モード燃費
14.1km/L~18.9km/L
10・15モード燃費
排気量
1497cc~1950cc
最高出力
156ps~194ps
駆動方式
FR/4WD
スケール
4705mm×1810mm×1455mm/他
乗車定員
5名


Cクラスワゴンのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
C180 2019年01月~  479万円(税込) FR コラム9AT
C180 アバンギャルド 2019年01月~  520万円(税込) FR コラム9AT
C180 アバンギャルド AMGライン 2019年01月~  555.3万円(税込) FR コラム9AT
C200 アバンギャルド 2019年01月~  584万円(税込) FR コラム9AT
C200 アバンギャルド AMGライン 2019年01月~  621.7万円(税込) FR コラム9AT

Cクラスワゴンの他のモデル

2019/01~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2018/07~2018/12 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 前後デザインを刷新、一部に最新の技術を採用したエンジンを採用  
2017/07~2018/06 フルモデルチェンジ一部改良    
2017/02~2017/06 フルモデルチェンジ一部改良    
2016/06~2017/01 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2015/04~2016/05 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/10~2015/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ Dセグメントを代表するステーションワゴン モデル一覧→
2014/04~2014/09 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/08~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 EASY-PACK自動開閉テールゲートを全車に採用  
2012/07~2013/07 フルモデルチェンジ一部改良 C180ブルーエフィシェンシーにアバンギャルド仕様を追加  
2011/10~2012/06 フルモデルチェンジ一部改良 エントリーモデルC180ブルーエフィシェンシーを追加  
2011/05~2011/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 2000カ所以上が変更されたビッグマイナーチェンジを実施  
2010/08~2011/04 フルモデルチェンジ一部改良 LEDドライビングライトの追加と、エントリーモデルを新設定  
2009/08~2010/07 フルモデルチェンジ一部改良 独自の環境技術「BlueEFFICIENCY」対応グレードを導入  
2008/10~2009/07 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2008/07~2008/09 フルモデルチェンジ一部改良 装備やオプションをさらに充実  
2008/04~2008/06 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ よりスポーティに生まれ変わったコンパクトワゴンの3代目 モデル一覧→
2007/01~2008/03 フルモデルチェンジ一部改良 ユーロ高により価格を改定  
2006/03~2006/12 フルモデルチェンジ一部改良 C180コンプレッサーをアバンギャルド仕様に  
2005/08~2006/02 フルモデルチェンジ一部改良 V6エンジンを変更  
2004/06~2005/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と新グレードを追加  
2003/11~2004/05 フルモデルチェンジ一部改良 04年モデル発売  
2002/08~2003/10 フルモデルチェンジ一部改良 新型の直4エンジンを搭載  
2002/01~2002/07 フルモデルチェンジ一部改良 02年モデル発売  
2001/06~2001/12 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ コンパクトサイズながら使い勝手は抜群 モデル一覧→
1999/10~2001/05 フルモデルチェンジ一部改良    
1997/08~1999/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
1996/11~1997/07 フルモデルチェンジ新車リリース   モデル一覧→
 

クルマニュース

メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ

▲国内でもデリバリーがスタートした新型Aクラスに試乗。「A180 Style」モデルについて感想をお伝えする「A」といえど侮れない仕上がりメルセデス・ベンツの最もコンパクトなモデルがAクラスだ。 初代の登場は、1997年。少しハイトなコンパクトハッチバックとしてて話題と人気を集めた。 2012年に誕生した3代目モデルからは、メルセデス・ベンツのデザインアーキテクチャーに沿った2ボックス形状となった。そして今回、4代目として新型Aクラスが登場したのだ。日本で発売されるモデルは「A180」と「A180 Style」、加えて500台限定の「Edition 1」というモデル。この試乗記では、私が最も購買意欲を感じた「A180 Style」について、感想をお伝えしたい。▲こちらはプレーンな「A180」。内外装やタイヤ以外は「A180 Style」とほぼ共通だ▲こちらが「A180 Style」。顔つきが少し違う先代に比べると若干大きくなったボディ。エクステリアデザインも、よりロバスト(がっしりしていること)方向に振り、力強い造形となった。他モデルでも受け継がれてきた、メ  ・・・続きはこちら
(19-02-17)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索