中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  マツダ >  ロードスター
ロードスター「マツダ」のカタログ情報!

ロードスターのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2015年05月~生産中モデル
ボディタイプ
オープン
新車時価格
249.5万円~319.7万円
JC08モード燃費
17.2km/L~18.6km/L
10・15モード燃費
排気量
1496cc
最高出力
131ps
駆動方式
FR
スケール
3915mm×1735mm×1235mm
乗車定員
2名


ロードスターのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.5 S 2015年05月~  249.5万円(税込) FR フロア6MT
1.5 S スペシャルパッケージ 2015年05月~  270万円(税込) FR フロア6MT
1.5 S スペシャルパッケージ 2015年05月~  280.8万円(税込) FR フロア6AT
1.5 S レザーパッケージ 2015年05月~  303.5万円(税込) FR フロア6MT
1.5 S レザーパッケージ 2015年05月~  314.3万円(税込) FR フロア6AT

ロードスターの他のモデル

2015/05~生産中モデル フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目 モデル一覧→
2014/04~2015/04 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/12~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 レカロ社製シートを単独オプションに変更  
2012/07~2013/11 フルモデルチェンジ一部改良 アグレッシブなエクステリアを獲得  
2008/12~2012/06 フルモデルチェンジマイナーチェンジ グレード体系の見直しや走り、内外装の熟成を実施  
2006/08~2008/11 フルモデルチェンジ一部改良 電動メタルトップ車を追加  
2005/08~2006/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ボディは大きくなっても人馬一体は健在 モデル一覧→
2003/09~2005/07 フルモデルチェンジ一部改良 内外装のデザインを一新  
2002/07~2003/08 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実と安全性を向上  
2000/07~2002/06 フルモデルチェンジマイナーチェンジ エンジンのパワーアップ&内外装を変更  
1998/01~2000/06 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ コンパクトFRというコンセプトは変わらず モデル一覧→
1996/12~1997/12 フルモデルチェンジ一部改良 特別限定車2モデルを追加  
1995/08~1996/11 フルモデルチェンジ一部改良 仕様変更を行い走行性能を向上  
1994/12~1995/07 フルモデルチェンジ一部改良 特別限定車を追加設定  
1993/08~1994/11 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 排気量をアップし走行性能を向上  
1993/02~1993/07 フルモデルチェンジ一部改良 オーディオをアップグレード  
1992/08~1993/01 フルモデルチェンジ一部改良 安全性の向上とグレードを追加  
1991/07~1992/07 フルモデルチェンジ一部改良 サスペンションなどを小変更  
1989/09~1991/06 フルモデルチェンジ新車リリース 世界中を歓喜させた2シーターオープン モデル一覧→
 

クルマニュース

アバルト 124スパイダーは“スペックどおりの出来栄え”なロードスター(試乗レポート)

▲基本プラットフォームをマツダ ロードスターと共有、広島で生産されるFRオープンスポーツ。パワートレーンはFCA製、とりまとめはイタリアのチームが行っている毒のないサソリ味で、ロードスターより上質チンクやプントでの経験上、アバルト版フィアットというと「毒気にまみれたホットバージョン」、という印象がとても強い。多少バランスは悪いけれども、ひとたびハンドルを握れば、問答無用に乗り手を喜ばせてくれる。ドラテク無用、踏んで曲がって踏んで、が、とにかく楽しい。それがアバルトのイメージだったから、ある意味、よくできた“お利口さんスポーツカー”であるマツダ ロードスターをどれだけ毒々しく仕立ててくれるか、実をいうと楽しみにしていたのだ。 そんな期待はあっさり裏切られてしまった。 確かに、力はある。けれども、のけぞるようなアバルト感に乏しいのだ。素がよくできたスポーツカーだから、フィアットの開発陣もマジメに頑張っちゃった、という感じがする。重いエンジンを積んでもバランスが崩れていない。ちゃんと“ロードスター”の長所を生かしている。ハイパワー  ・・・続きはこちら
(17-01-05)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索