中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  マツダ >  ランティス
ランティス「マツダ」のカタログ情報!

ランティスのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
1996年07月~1997年12月
ボディタイプ
セダン
新車時価格
165.8万円~224.1万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
10.0km/L~12.6km/L
排気量
1839cc~1995cc
最高出力
135ps~170ps
駆動方式
FF
スケール
4490mm×1695mm×1355mm
乗車定員
5名


ランティスのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.8 タイプG 1996年07月~1997年12月 165.8万円 FF フロア5MT
1.8 タイプG 1996年07月~1997年12月 174.6万円 FF フロア4AT
1.8 タイプX 1996年07月~1997年12月 181.8万円 FF フロア5MT
1.8 タイプX 1996年07月~1997年12月 190.6万円 FF フロア4AT
2.0 タイプR 1996年07月~1997年12月 215.3万円 FF フロア5MT

ランティスの他のモデル

1996/07~1997/12 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実し安全性を向上  
1993/08~1996/06 フルモデルチェンジ新車リリース 50タイヤが設定されるスポーティセダン モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ

▲今回試乗したのは、2019年12月に発売となったマツダ MAZDA3ファストバックのスカイアクティブX搭載モデル。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏によるインプレッションをお届けするマツダが初めて実用化した高効率エンジン今回MAZDA3に搭載された「スカイアクティブX」は、ガソリン燃料を使って未知の領域まで熱効率を高めることを狙って開発され、ガソリンエンジンの伸びのあるパフォーマンスとディーゼルエンジン並の燃費を実現するという夢のようなパワーユニットである。 およそ32年前の内燃機関の学会誌で、フォードの予混合圧縮着火方式「HCCI」についての論文を見たことがある。 そして15年ほど前には、ドイツ本国のフォルクスワーゲンの技術者が、「今後ガソリンとディーゼルの良いところを身に付けたエンジンが生まれる可能性がある」と示唆していた。 しかし実際のところ、試作段階では評価が高くとも、実際にコストやドライバビリティなどの面を考えると実用化は難しかった。 マツダは、その実用化は困難とされていた予混合圧縮着火方式のエンジンを搭載したMAZDA3を登場させた。 試乗は静岡県・十国峠  ・・・続きはこちら
(20-01-06)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索