中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  マツダ >  キャロル
キャロル「マツダ」のカタログ情報!

キャロルのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
86.4万円~123.8万円
JC08モード燃費
27.2km/L~37.0km/L
10・15モード燃費
排気量
658cc
最高出力
49ps~52ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
3395mm×1475mm×1475mm/他
乗車定員
4名


キャロルのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
660 GF 2019年10月~  86.4万円(税込) FF フロア5MT
660 GL 2019年10月~  97.1万円(税込) FF インパネCVT
660 GL 4WD 2019年10月~  107.9万円(税込) 4WD インパネCVT
660 GS 2019年10月~  112.5万円(税込) FF インパネCVT
660 GS 4WD 2019年10月~  122.8万円(税込) 4WD インパネCVT

キャロルの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2018/12~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備が充実した  
2015/01~2018/11 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ガソリン車トップクラスの燃費性能を実現 モデル一覧→
2014/04~2014/12 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/12~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良    
2013/03~2013/11 フルモデルチェンジ一部改良 燃費性能が向上  
2009/12~2013/02 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 優れた環境性能と経済性を実現 モデル一覧→
2006/12~2009/11 フルモデルチェンジマイナーチェンジ フロントデザインを小変更  
2004/09~2006/11 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 気軽に乗れる「ワタシのクルマ」 モデル一覧→
2002/04~2004/08 フルモデルチェンジ一部改良 環境性能を向上  
1999/10~2002/03 フルモデルチェンジ一部改良 低燃費と低公害性をアップ  
1998/10~1999/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ オリジナルからOEM供給モデルに モデル一覧→
1997/03~1998/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外装と装備を変更  
1995/10~1997/02 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 丸いヘッドライトは継続したがスタイルは一新 モデル一覧→
1993/09~1995/09 フルモデルチェンジ一部改良 仕様変更と装備の充実  
1992/08~1993/08 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装と装備を変更  
1991/03~1992/07 フルモデルチェンジ一部改良 NAエンジンをパワーアップ  
1990/03~1991/02 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 規格変更に対応してボディと排気量を拡大  
1989/10~1990/02 フルモデルチェンジ新車リリース オリジナルのボディデザインがキュート モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力

▲正直なところあまりオフロードのイメージがないマツダのSUV。しかし、実際に試乗してみるとその高い走破性に驚いた。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏がその際の模様をレポートするマツダのSUVの走破性はいかに!?富士山麓にある本格的なオフロードコースで、マツダのSUVモデルの試乗会が開催された。 マツダのSUVに対して、オフロードのイメージは希薄だ。 以前にマツダは何度か雪上での試乗会を開催したことがあり、私も参加した。 そのときに思ったのは、滑り始めてからのATやAWDの制御に少々タイムラグがあるということ。 また、リアデフの絶対的な容量不足により、後軸に大きなトルクをかけられないことも気になっていた。 これらのことは常々エンジニアに伝えていたが、特段大きな改善はなかったように思える。 当時の記憶が脳裏に残っており、今回のより条件の厳しいオフロードのモーグルやヒルクライムなど、本当に走ることができるのかと疑心暗鬼に会場へと赴いた。 結論から申し上げると、マツダのSUVの走破性は想像以上に高く、思わず顔がほころんでしまった。 試乗したのはCX-8、CX-5そして最新モデル  ・・・続きはこちら
(20-02-28)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索