中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
カタログマツダ一覧アクセラFMC一覧アクセラ(2013~2019)MC一覧

アクセラ(2013~2019)のMC一覧

アクセラ(2013~2019)一覧

アクセラ(2017~2019) アクセラ(2017~2019)
生産期間 2017年09月~2019年05月

最新の安全技術を標準装備

衝突被害軽減ブレーキ、アドバンストスマートシティブレーキサポートを含む先進安全技術「アイ・アクティブセンス」を標準装備。駐車場などで車両周囲の状況をモニターで確認できる360度ビューモニターがマツダ車で初採用された。1.5Lディーゼルターボ搭載車も設定されている(2017.8)

アクセラ(2016~2017) アクセラ(2016~2017)
生産期間 2016年07月~2017年08月

1.5Lディーゼルを設定

従来の2.2Lに加え、1.5Lのディーゼルエンジンが設定された。また、ドライバーのハンドル操作に応じて駆動トルクを緻密に変化させることで、人間の身体感覚に合った自然で滑らかな旋回挙動を実現するマツダ独自の制御技術G-ベクタリングコントロールが初採用されている(2016.7)

アクセラ(2015~2016) アクセラ(2015~2016)
生産期間 2015年08月~2016年06月

最新の安全運転支援システムが採用された

後側方から接近する車両を検知するブラインドスポットモニタリングや、後退する際に接近する車両を検知するリア・クロス・トラフィック・アラートなど、最新の安全運転支援システムが採用されている。また、1.5 L車のAT制御が見直され、燃費性能も向上している(2015.8)

アクセラ(2014~2015) アクセラ(2014~2015)
生産期間 2014年11月~2015年07月

ハイブリッド車の安全装備が充実した

低速走行時の衝突被害を自動ブレーキで回避・軽減する「スマートシティブレーキサポート」とAT誤発進抑制制御が、ハイブリッド車に標準装備されている。また、最上級の「ハイブリッドS Lパッケージ」に、ハイビームコントロールシステムと車線逸脱警報システムが採用されている(2014.11)

アクセラ(2014~2014) アクセラ(2014~2014)
生産期間 2014年09月~2014年10月

ガソリンエンジン車の安全性能が向上した

ディーゼル車の専用装備だったハイビームコントロールシステムが、2Lエンジン搭載の上級グレードに標準装備されるなど安全性能が高められている。また、1.5L車にスマートブレーキサポートやマツダレーダークルーズコントロールなどが装備される新グレード「15S Touring」が設定されている(2014.9)

アクセラ(2014~2014) アクセラ(2014~2014)
生産期間 2014年04月~2014年08月

消費税の変更により価格を修正

2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)

アクセラ(2013~2014) アクセラ(2013~2014)
生産期間 2013年11月~2014年03月

SKYACTIV技術と魂動デザインを採用したCセグメントセダン

独自の技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)」とデザインコンセプト「魂動(こどう)」を採用したCセグメントセダン。躍動的なエクステリアや、コックピット感覚のインテリアなど、魅力的なデザインが与えられている。また、TwitterやFacebookとも連動するヒューマンマシンインターフェイス「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」が採用されている。パワートレインは、新型となる1.5Lガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 1.5」と、「SKYACTIV-G 2.0」をベースに開発されたマツダ初のハイブリッドシステム「SKYACTIV-HYBRID」の2種類となる(2013.11)


マツダのセダン一覧のリンク
あ行
MS-8
MS-9
アクセラ
アテンザ
か行
カペラ
クレフ
クロノス
さ行
センティア
は行
ファミリアセダン
ま行
ミレーニア
や行
ユーノス300
ユーノス500
ユーノス800
ら行
ランティス
ルーチェ
レビュー
英数字行
MAZDA3セダン
MAZDA6セダン

アクセラのその他のフルモデルチェンジ一覧

アクセラ(2009~2013)

アクセラ(2009~2013)

MC一覧を見る
アクセラ(2003~2009)

アクセラ(2003~2009)

MC一覧を見る