中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  レクサス >  LCコンバーチブル
LCコンバーチブル「レクサス」のカタログ情報!

LCコンバーチブルのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2020年07月~生産中モデル
ボディタイプ
オープン
新車時価格
1500万円~1650万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
4968cc
最高出力
477ps
駆動方式
FR
スケール
4770mm×1920mm×1350mm
乗車定員
4名


LCコンバーチブルのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
500 2020年07月~  1500万円(税込) FR フロア10AT
500 ストラクチュラルブルー 2020年07月~  1650万円(税込) FR フロア10AT

LCコンバーチブルの他のモデル

2020/07~生産中モデル フルモデルチェンジ新車リリース LC独自の世界観をコンバーチブルで表現 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル

▲レクサス LSとLCの年次改良されたモデルに、自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗した(写真はLS 500h)年次改良にも力を注ぐレクサス国内自動車メーカーのイヤーモデル試乗会は、少し前まで皆無だった。一方の輸入車、特に欧州車はそのあたりに敏感だ。採算に見合うとなれば、見えない個所を変更することが多々ある。レクサスは自動車メーカーでは国内唯一のプレミアムブランドだ。だからこそ意識も高く、丁寧に年次改良を行っている印象がある。今回はとフラッグシップセダンのLSと、ラグジュアリークーペのLCの改良モデルに試乗したので、その模様をお届けしたい。▲改良モデルを含むオールラインナップ試乗会にてLSとLCを試乗フラッグシップらしく乗り心地と静粛性が向上まずはLSから試乗だ。ハイブリッドモデルである初期のLS 500hは、瞬間的に路面とのコンタクトを探るようなエアサスのセッティングが顕著に表れていて戸惑った。しかし、2018年に年次改良されたモデルに試乗した際には、少しの変化がみられた。サスペンションが路面に追従して心地くなっていたのだ。   ・・・続きはこちら
(19-12-05)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索