中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ランドローバー >  レンジローバー
レンジローバー「ランドローバー」のカタログ情報!

レンジローバーのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年12月~生産中モデル
ボディタイプ
クロカン・SUV
新車時価格
1377万円~2944万円
JC08モード燃費
6.7km/L~12.4km/L
10・15モード燃費
排気量
2992cc~4999cc
最高出力
258ps~550ps
駆動方式
4WD
スケール
5005mm×1985mm×1865mm/他
乗車定員
4/5名


レンジローバーのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
ヴォーグ (ディーゼル) 4WD 2016年12月~  1420万円(税込) 4WD フロア8AT
オートバイオグラフィ (ディーゼル) 4WD 2016年12月~  1676万円(税込) 4WD フロア8AT
オートバイオグラフィ (ディーゼル) 4WD 2016年12月~  1734.8万円(税込) 4WD フロア8AT
ヴォーグ (3.0リッター/340ps) 4WD 2016年12月~  1377万円(税込) 4WD フロア8AT
ヴォーグ (3.0リッター/380ps) 4WD 2016年12月~  1490万円(税込) 4WD フロア8AT

レンジローバーの他のモデル

2016/12~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2016/07~2016/11 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2015/10~2016/06 フルモデルチェンジ一部改良 2016年モデルを導入  
2015/04~2015/09 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2015/01~2015/03 フルモデルチェンジ一部改良 4人乗りの最上級モデルが追加された  
2014/04~2014/12 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/10~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 3L V6スーパーチャージャーユニットを導入  
2013/03~2013/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ オールアルミニウムボディのラグジュアリーSUV モデル一覧→
2008/01~2008/02 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定とグレードを整理  
2007/07~2007/12 フルモデルチェンジ一部改良 路面に応じて走行モードを最適に保つ、最新システムを標準装備  
2005/06~2007/06 フルモデルチェンジマイナーチェンジ エンジンや駆動系を一新  
2004/11~2005/05 フルモデルチェンジ一部改良 カーナビやオーディオを一新  
2002/07~2004/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ これぞプレミアムSUVの原点にして頂点 モデル一覧→
2000/04~2002/06 フルモデルチェンジ一部改良 最上級グレードVogueを追加  
1999/01~2000/03 フルモデルチェンジ一部改良    
1996/10~1998/12 フルモデルチェンジ一部改良    
1995/04~1996/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 王室御用達の世界第一級クロカン モデル一覧→
1994/05~1995/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 安全装備を追加しインテリアを一新  
1992/12~1994/04 フルモデルチェンジ一部改良 エアサスを採用した93年モデル発売  
1991/04~1992/11 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 世界的に有名な高級クロカンモデル モデル一覧→
 

クルマニュース

SUVにオープンエア!ランドローバー レンジローバーイヴォークコンバーチブル(試乗レポート)

▲「世界初のラグジュアリー・コンパクトSUVのコンバーチブルモデル」となる3ドアSUV。これによりイヴォークは従来からの3ドアクーペと5ドアと合わせ、3つのボディタイプを用意、国内では計7グレードがラインナップされることとなったSUVにオープンエア。万歳!レンジローバー イヴォークのラインナップに、オープントップ仕様のコンバーチブルが追加設定された。という、いささか真面目な書き出しでスタートしてしまった、このリポートだけど、いやあ、最初から最後まで、様々な感動に満ち溢れた試乗でしたわ。 まずはその企画力。前例がないわけではないけれども、SUVでオープン仕様を作ってしまおうという発想というか、思い切りの良さというものを、とにかく高く評価したいよね。自動車メーカーには、そもそもこういう新しいものを作るという野心が必要なわけでさ、だったらオレたちは、その心意気に応えてやろうという気持ちも、自然に生まれてくる。 オンロードでもオフロードでも魅力的な走りを披露し、ボディデザインの斬新さやインテリアの高級感でも、これまでカスタマーを十分に満足させてくれていたイヴォーク。そのイヴォーク  ・・・続きはこちら
(17-03-27)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索