中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ジャガー >  XJ
XJ「ジャガー」のカタログ情報!

XJのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2017年10月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
1149万円~2123.4万円
JC08モード燃費
6.8km/L~7.6km/L
10・15モード燃費
排気量
2994cc~4999cc
最高出力
340ps~575ps
駆動方式
FR
スケール
5135mm×1900mm×1455mm/他
乗車定員
4/5名


XJのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
XJ ラグジュアリー 2017年10月~  1149万円(税込) FR フロア8AT
XJ ラグジュアリー 2017年10月~  1149万円(税込) FR フロア8AT
XJ プレミアム ラグジュアリー 2017年10月~  1253万円(税込) FR フロア8AT
XJ プレミアム ラグジュアリー 2017年10月~  1253万円(税込) FR フロア8AT
XJ ポートフォリオ 2017年10月~  1403万円(税込) FR フロア8AT

XJの他のモデル

2017/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 XJR575を追加設定  
2016/09~2017/09 フルモデルチェンジ一部改良    
2015/11~2016/08 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 前後デザインを変更し、インフォテイメントシステムも刷新  
2015/04~2015/10 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/04~2015/03 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/09~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 装備が充実  
2012/12~2013/08 フルモデルチェンジ一部改良 ダウンサイジングユニットを採用  
2011/09~2012/11 フルモデルチェンジ一部改良 ロングホイールベース車の後席の快適性を向上  
2010/05~2011/08 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 新デザインを採用したフラッグシップサルーン モデル一覧→
2008/04~2010/04 フルモデルチェンジ一部改良 価格を改定  
2007/08~2008/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装をよりスポーティで現代的に  
2006/06~2007/07 フルモデルチェンジ一部改良 グレードを簡素化  
2005/12~2006/05 フルモデルチェンジ一部改良 新グレードの3.0エグゼクティブを設定  
2003/05~2005/11 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ アルミボディ採用で機動性をアップ モデル一覧→
2000/10~2003/04 フルモデルチェンジ一部改良 装備・外装色を変更  
2000/02~2000/09 フルモデルチェンジ一部改良 新たな機能を追加  
1998/10~2000/01 フルモデルチェンジ一部改良    
1997/10~1998/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ V型8気筒エンジンを搭載  
1996/11~1997/09 フルモデルチェンジ一部改良    
1994/10~1996/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 伝統のスポーツサルーン モデル一覧→
1993/10~1994/09 フルモデルチェンジ一部改良 94年モデル発売開始  
1992/10~1993/09 フルモデルチェンジ一部改良 93年モデル発売開始  
1990/10~1992/09 フルモデルチェンジ一部改良 91年モデル発売開始  
1989/09~1990/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 伝統の豪華さに加え信頼性も向上 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】ジャガー Iペイス│かっ飛びプレミアムEV、これこそ現代の“韋駄天”だ!

▲ジャガーから登場したピュアEVのIペイス。独特なSUVフォルムが特徴だが、果たしてどんな走りを見せてくれたのか。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポートするSUVのデメリットをエアロダイナミクスで解決プレミアムブランドの先頭を切って登場した、ピュアEV(電気自動車)のジャガー Iペイス。 ジャガーはスポーティさとラグジュアリーさを両立させているメーカーだが、EVではそれらのエッセンスをどう表現しているのか楽しみであった。 まずデザインだが、航続距離を延ばすために大きなバッテリーを搭載しなければならないため、地を這うようなスポーティで低いスタイリングにすることはパッケージングの面で難しい。 そこでIペイスはSUVをベースにスポーツサルーン化したのだが、SUVは空力的に不利な面も多い。 しかし、フロントグリルからボンネットフードを貫通させ、空気がスムーズにルーフへと流れるようにすることで、空気抵抗は大きく低減した。まるでレーシングカーのような構造だ。 また、力強い形状のフェンダーにも空気を流し、高速時の安定化が図られている。ジャガーが今まで培ってき  ・・・続きはこちら
(19-06-14)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索