中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ジャガー >  XJ
XJ「ジャガー」のカタログ情報!

XJのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
1170万円~2107万円
JC08モード燃費
6.8km/L~7.6km/L
10・15モード燃費
排気量
2994cc~4999cc
最高出力
340ps~575ps
駆動方式
FR
スケール
5135mm×1900mm×1455mm/他
乗車定員
5名


XJのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
XJ ラグジュアリー 2019年10月~  1170万円(税込) FR フロア8AT
XJ ラグジュアリー 2019年10月~  1170万円(税込) FR フロア8AT
XJ プレミアム ラグジュアリー 2019年10月~  1276万円(税込) FR フロア8AT
XJ プレミアム ラグジュアリー 2019年10月~  1276万円(税込) FR フロア8AT
XJ ポートフォリオ 2019年10月~  1429万円(税込) FR フロア8AT

XJの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2018/09~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良    
2017/10~2018/08 フルモデルチェンジ一部改良 XJR575を追加設定  
2016/09~2017/09 フルモデルチェンジ一部改良 新グレードを設定  
2015/11~2016/08 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 前後デザインを変更し、インフォテイメントシステムも刷新  
2015/04~2015/10 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/04~2015/03 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/09~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 装備が充実  
2012/12~2013/08 フルモデルチェンジ一部改良 ダウンサイジングユニットを採用  
2011/09~2012/11 フルモデルチェンジ一部改良 ロングホイールベース車の後席の快適性を向上  
2010/05~2011/08 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 新デザインを採用したフラッグシップサルーン モデル一覧→
2008/04~2010/04 フルモデルチェンジ一部改良 価格を改定  
2007/08~2008/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装をよりスポーティで現代的に  
2006/06~2007/07 フルモデルチェンジ一部改良 グレードを簡素化  
2005/12~2006/05 フルモデルチェンジ一部改良 新グレードの3.0エグゼクティブを設定  
2003/05~2005/11 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ アルミボディ採用で機動性をアップ モデル一覧→
2000/10~2003/04 フルモデルチェンジ一部改良 装備・外装色を変更  
2000/02~2000/09 フルモデルチェンジ一部改良 新たな機能を追加  
1998/10~2000/01 フルモデルチェンジ一部改良    
1997/10~1998/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ V型8気筒エンジンを搭載  
1996/11~1997/09 フルモデルチェンジ一部改良    
1994/10~1996/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 伝統のスポーツサルーン モデル一覧→
1993/10~1994/09 フルモデルチェンジ一部改良 94年モデル発売開始  
1992/10~1993/09 フルモデルチェンジ一部改良 93年モデル発売開始  
1990/10~1992/09 フルモデルチェンジ一部改良 91年モデル発売開始  
1989/09~1990/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 伝統の豪華さに加え信頼性も向上 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】ジャガーXJR575 V8 ファイナル エディション|経済力だけでは乗れないドライバーを選ぶハイパフォーマンスカー

▲2010年に登場した現行型のジャガー XJ。2019年に追加された限定車「XJR575 V8 ファイナル エディション」を自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗し、レポートするジャガー最後のV8搭載・FRモデル??長年作られているあらゆるモデルの中で、ジャガー XJほどスポーティなサルーンはない。 4ドアというと、どうしても重たいイメージが付きまとってしまう。しかし、ジャガー XJは初代からボンネットフードとルーフを低く見せ、ワイド&ローなイメージを常に示してきた。 現在のXJのスタイリングは懐古主義にピリオドを打ったデザインだが、フロントマスクは時代が変わってもジャガーというアイデンティティを忘れてはいない。ジャガーを率いたデザイナー“イアン・カラム”氏が作ったジャガーイズムの中心的存在がXJであったが、それもそろそろ終焉へと近づいている。 そこで2018年、集大成ともいえる「XJR575」を発売。ハイパワーなV8スーパーチャージドユニットを搭載したFRモデルで、ジャガー好きとしては少しでも遠くへ運転したい欲求に駆られたモデルだ。 さらに2019年、今回  ・・・続きはこちら
(20-02-02)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索