中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ホンダ >  ステップワゴン
ステップワゴン「ホンダ」のカタログ情報!

ステップワゴンのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2017年09月~生産中モデル
ボディタイプ
ミニバン
新車時価格
228.9万円~368.7万円
JC08モード燃費
14.8km/L~25.0km/L
10・15モード燃費
排気量
1496cc~1993cc
最高出力
145ps~150ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4760mm×1695mm×1840mm/他
乗車定員
7/8名


ステップワゴンのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
2.0 スパーダ ハイブリッド G EX ホンダセンシング 2017年09月~  356万円(税込) FF AT
2.0 スパーダ ハイブリッド G ホンダセンシング 2017年09月~  335万円(税込) FF AT
2.0 スパーダ ハイブリッド B ホンダセンシング 2017年09月~  330万円(税込) FF AT
2.0 スパーダ ハイブリッド B 2017年09月~  313.6万円(税込) FF AT
1.5 スパーダ クールスピリット ホンダ センシング 2017年09月~  305.1万円(税込) FF インパネCVT

ステップワゴンの他のモデル

2017/09~生産中モデル フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
2016/05~2017/08 フルモデルチェンジ一部改良    
2015/04~2016/04 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 1.5LのVTECターボを搭載し、リアゲートに独自の機構が採用 モデル一覧→
2014/04~2015/03 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/12~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 装備が拡充された  
2012/04~2013/11 フルモデルチェンジマイナーチェンジ FF車がクラストップの燃費性能を獲得  
2009/10~2012/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ より一層、拡大された室内。FF車は待望のCVTを搭載 モデル一覧→
2007/11~2009/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観の変更とスポーティグレードのスパーダを追加  
2007/02~2007/10 フルモデルチェンジ一部改良 センターアームレストを2列目にも装備  
2006/05~2007/01 フルモデルチェンジ一部改良 パワースライドドアの標準化と装備の充実  
2005/05~2006/04 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ルーフに和のテイストを取り入れたミニバン モデル一覧→
2004/06~2005/04 フルモデルチェンジ一部改良 内装と装備の変更  
2003/06~2004/05 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と新シリーズの追加  
2002/10~2003/05 フルモデルチェンジ一部改良 外観を小変更  
2002/05~2002/09 フルモデルチェンジ一部改良 内装を変更  
2001/04~2002/04 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ さらに室内が広がり使い勝手が向上 モデル一覧→
1999/05~2001/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観を大幅に変更  
1997/08~1999/04 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実  
1996/05~1997/07 フルモデルチェンジ新車リリース スペース効率に優れるスクエアなボディを採用 モデル一覧→
 

クルマニュース

新型ホンダ ステップワゴンはトルクフルな新エンジンと足回りの改善で乗り心地が良くなった

▲1996年に初代が登場してから今年で20年目を迎えた人気シリーズ車。今回のフルモデルチェンジで5代目となった先代に比べて乗り心地とレスポンスが向上5代目となるステップワゴンはニューウェポンを携えて登場した。話題のわくわくゲートに加え、ダウンサイジングされた1.5Lターボエンジンだ。トランスミッションはすべてのグレードでCVTと組み合わされている。ラインナップはノーマルグレードが3タイプ、よりスポーティに味付けされたグレードのSPADAが2タイプの設定。今回はノーマルグレードのG・EXと、SPADA・Cool Spiritの2台に試乗した。どちらも快適装備が充実した上級グレードだが、走りはどうだろうか。まずはG・EXに試乗する。エンジンはアイドリングストップ後の再始動も速く、静粛性も高い。走り出しの際もスムーズで、流れに乗る時の加速はキビキビとしたスポーティさが感じられる。CVTとのマッチングもポイント。ミッション自体の重量軽減により小気味よいレスポンスを見せる。アクセル操作と加速のタイムラグからCVTを敬遠する方にも一度おすすめしたいところだ。サスペンションは  ・・・続きはこちら
(15-06-11)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索