中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ホンダ >  フリード+
フリード+「ホンダ」のカタログ情報!

フリード+のカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年09月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
190万円~274.8万円
JC08モード燃費
17.6km/L~27.2km/L
10・15モード燃費
排気量
1496cc
最高出力
110ps~131ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4295mm×1695mm×1710mm/他
乗車定員
5名


フリード+のグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.5 ハイブリッド B 2016年09月~  227.6万円(税込) FF インパネ7AT
1.5 ハイブリッド G 2016年09月~  239.6万円(税込) FF インパネ7AT
1.5 ハイブリッド G 4WD 2016年09月~  262.8万円(税込) 4WD インパネ7AT
1.5 ハイブリッド G ホンダセンシング 2016年09月~  251.6万円(税込) FF インパネ7AT
1.5 ハイブリッド G ホンダセンシング 4WD 2016年09月~  274.8万円(税込) 4WD インパネ7AT

フリード+の他のモデル

2016/09~生産中モデル フルモデルチェンジ新車リリース   モデル一覧→
 

クルマニュース

ホンダの隠れた名車 グレイスは、ホンダセンシングの良さをより引き立てるモデルだ(試乗レポート)

▲「SPORT HYBRID i-DCD」を搭載し、低燃費とスポーティな走りを追求したホンダ グレイス初期型は良い意味で期待を裏切るポテンシャルを持っていた初めてグレイスに試乗したのは2014年12月。その3ヵ月前に試乗した現行型フィットと基本的には同様のコンポーネントなので、セダンであるグレイス用にチューニングがされているとはいえ、フィットを超えることはないのではと考えていた。ところが運転してみるとこれがとても良かった。DCT(AT)はまだ成熟レベルではなかったが、フィットハイブリッドよりもスムーズで、今となっては貴重な5ナンバーサイズセダンにして乗り心地と静粛性はとても良いモデルと思っていた。デザインだが、テールランプは欧州車を意識したグラフィックで、ボディの造形はホンダ車の中では際立っている印象がある。とはいえ、フロントデザインにもう少し力強さがあればバランスが良いと思ってはいたが。このような第一印象もあり、今でも私自身、グレイスへの評価は高い。そのグレイスも、フィットの大幅なブラッシュアップにより必然的に3年目の改良が実施されたというわけだ。静粛性もミッション  ・・・続きはこちら
(17-09-11)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索