中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ホンダ >  クラリティPHEV
クラリティPHEV「ホンダ」のカタログ情報!

クラリティPHEVのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2018年07月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
588.1万円
JC08モード燃費
28.0km/L
10・15モード燃費
排気量
1496cc
最高出力
105ps
駆動方式
FF
スケール
4915mm×1875mm×1480mm
乗車定員
5名


クラリティPHEVのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
1.5 2018年07月~  588.1万円(税込) FF インパネCVT

クラリティPHEVの他のモデル

2018/07~生産中モデル フルモデルチェンジ新車リリース   モデル一覧→
 

クルマニュース

ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた

▲先代のハッチバックからセダンに生まれ変わったインサイトを、今回は200kmほど試乗したのでその様子をお伝えしたい親しみやすいハッチバックから高級感のあるセダンに! その実力はいかに?4年間の時をへて復活したインサイト。 先代、初代に比べると外観の雰囲気は十分に成熟した装いで、復活までのブランクを埋める出来栄えだ。 スタイリングは一見するとハッチバックのようだが、れっきとしたセダンである。重心を後方に置いてフロントを長く見せることで、スポーティで軽快な印象となっている。 実際に目の前で見ると、現代の車としては決して大きくないサイズだ。しかし、高級感あるフロントマスクで、横から見たときに大きく見えて堂々としている。 小さくとも最大限ボディを大きく見せ、なおかつ高級感ものぞかせるというデザインは、日本が得意とする技術でホンダの真骨頂だ。見た目を裏切らないスポーティな走りで完成度の高いセダンだドアを閉じたときの音は、硬質な作りを感じさせると同時に精度の高さも感じる。 乗り込んでみると、エンジンフードの左右にキリリと立ち上がったプレスラインが用いられていて、車両の感覚が  ・・・続きはこちら
(19-02-19)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索