中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ホンダ >  クラリティPHEV
クラリティPHEV「ホンダ」のカタログ情報!

クラリティPHEVのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
599万円
JC08モード燃費
28.0km/L
10・15モード燃費
排気量
1496cc
最高出力
105ps
駆動方式
FF
スケール
4915mm×1875mm×1480mm
乗車定員
5名


クラリティPHEVのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
1.5 2019年10月~  599万円(税込) FF インパネCVT

クラリティPHEVの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2018/07~2019/09 フルモデルチェンジ新車リリース   モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台

▲昨年追加されたグレード、フリード+ クロスターに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートする2列シート化で広い荷室を手に入れたモデル5ナンバーサイズで3列シートというフリードのパッケージングは、日本の道路事情を考えるととても魅力的だ。 今回は、その中でも昨年10月のマイナーチェンジで登場した“フリード+ クロスター 4WD”を紹介したい。 そもそもフリード+は、ベースとなるフリードの3列目シートを取り除き、2列シート化された5人乗りモデル。フルフラットが可能なシートなどを搭載し、使い勝手を良くしたモデルである。そのモデルにクロスオーバー的な装備を施してアウトドアにもマッチした装いとなっている。 また、4WDであるから最低地上高もFFモデルよりも15㎜ほど高い。よりクロスオーバーらしさを高めている。 試乗前にドア部を開けて使い勝手も見てみる。驚いたのはリアゲートの開口部の広さである。そして荷室もとても広い。2列目シートを倒してフルフラットにすると、セミダブルベッドほどの面積がある。 しかも、パーティションで仕切られ、荷室が2段になっている  ・・・続きはこちら
(20-04-29)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索