中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ダイハツ >  ミラジーノ1000
ミラジーノ1000「ダイハツ」のカタログ情報!

ミラジーノ1000のカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2002年08月~2004年11月
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
108.5万円~127.8万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
17.6km/L~18.8km/L
排気量
989cc
最高出力
64ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
3415mm×1495mm×1425mm/他
乗車定員
4名


ミラジーノ1000のグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
1.0 2002年08月~2004年11月 108.5万円 FF フロア4AT
1.0 4WD 2002年08月~2004年11月 120.5万円 4WD フロア4AT
1.0 X 2002年08月~2004年11月 115.8万円 FF フロア4AT
1.0 X 4WD 2002年08月~2004年11月 127.8万円 4WD フロア4AT

ミラジーノ1000の他のモデル

2002/08~2004/11 フルモデルチェンジ新車リリース リッターカーになってもスタイルは不変 モデル一覧→
 

クルマニュース

安全性ファースト! ダイハツの新型車『ミラ トコット』

▲ダイハツから新たに軽自動車のミラ トコットが誕生した。公道試乗が行われたので、その感想をお伝えするダイハツに新型軽自動車が登場ダイハツからミライースのコンポーネントを使った新しいモデルが加わった。その名は“ミラ トコット”。 字面と聞こえる響きからも可愛らしさが想像できる。カタログで見るよりも実物を目の前にして感じるのは、プレーンで使い勝手が良く、飽きのこない軽自動車という雰囲気だ。 かつて昭和40年代初めに登場したダイハツ フェローというモデルは、塊感のある素朴なデザインであった。それを基に現代風にアレンジしてトコットにも反映させているようだ。 また、セラミックグリーンメタリックという色は、工業機械などに使う色に似ていて、最大の特徴は汚れが目立ちにくいところだ。これはダイハツ側も知らないようであったが、良くいえばそのままでもコンディションを保てる色といえよう。 内装も水平基調になっており、とにかく視認性や扱いやすさを優先しているのがわかる。立ったAピラーは空力よりも視認性を優先している。 シート生地にも汚れが目立たない素材や色を使っている。チー  ・・・続きはこちら
(18-08-10)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索