中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ダイハツ >  メビウス
メビウス「ダイハツ」のカタログ情報!

メビウスのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
261.3万円~307.3万円
JC08モード燃費
26.2km/L
10・15モード燃費
排気量
1797cc
最高出力
99ps
駆動方式
FF
スケール
4645mm×1775mm×1575mm/他
乗車定員
5名


メビウスのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
1.8 S ツーリングセレクション 2019年10月~  307.3万円(税込) FF フロアCVT
1.8 S 2019年10月~  275.9万円(税込) FF フロアCVT
1.8 S Lセレクション 2019年10月~  261.3万円(税込) FF フロアCVT

メビウスの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2017/12~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良 衝突回避支援パッケージを全車に標準装備  
2014/11~2017/11 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の意匠が変更された  
2014/04~2014/10 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/04~2014/03 フルモデルチェンジ新車リリース ダイハツのハイブリッド第2弾 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽

▲四角いフォルムと開放的なガラスルーフが人気の軽SUV、ダイハツ タフト。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をお届けします乗る状況を限定しない軽自動車2019年の東京モーターショーで「WakuWaku」という名のコンセプトカーが発表され、新たなクロスオーバーモデルを予感させた。 そしてそのモデルの市販車が、新型ダイハツ タフトである。 試乗に入る前に、ダイハツが考える日本における軽自動車の必要性と、貢献度の説明を受けた。 そこで感じたのは、タフトが日本の軽自動車で育まれた文化を、大いに受け継いでいるということだ。 あぜ道を少しばかり広げた狭い道から高速道路まで、多岐にわたって使われる車が軽自動車なのである。 また軽自動車は、運転する方の40%が60歳以上だという。 そういった観点から、ダイハツは軽自動車にも先進安全装置を積極的に導入している。 今回は短時間での試乗なのでデバイスを使った安全性よりも、日常使う観点から吟味したいと思う。▲自然の中のフィールドはもちろん、都会的なシーンにもピタッとハマるデザイン塗装技術に目を見張るまずスタイル  ・・・続きはこちら
(20-09-02)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索