中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ダイハツ >  アトレーワゴン
アトレーワゴン「ダイハツ」のカタログ情報!

アトレーワゴンのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
156.2万円~206万円
JC08モード燃費
15.2km/L
10・15モード燃費
排気量
658cc
最高出力
64ps
駆動方式
FR/4WD
スケール
3395mm×1475mm×1875mm
乗車定員
4名


アトレーワゴンのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
660 カスタムターボRS リミテッド SAIII 2019年10月~  168.3万円(税込) FR インパネ4AT
660 カスタムターボRS SAIII 2019年10月~  156.2万円(税込) FR インパネ4AT
660 フレンドシップ リヤシートリフト SAIII 2019年10月~  176万円 FR インパネ4AT
660 フレンドシップ SAIII スローパー リヤシート付仕様 2019年10月~  192.5万円 FR インパネ4AT
660 フレンドシップ スローパー SAIII リヤシートレス仕様 折り畳み補助シート付 2019年10月~  193.5万円 FR インパネ4AT

アトレーワゴンの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2017/11~2019/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ スマートアシストIIIを採用  
2015/11~2017/10 フルモデルチェンジ一部改良 装備が追加され、利便性が向上している  
2015/04~2015/10 フルモデルチェンジ一部改良 燃費性能と使い勝手が向上  
2014/04~2015/03 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2010/08~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 JC08モード対応と、荷室作業時の利便性が向上が図られた  
2007/09~2010/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 機能とデザインの変更により存在感をアピール  
2005/05~2007/08 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 広く、快適なキャビンもつ軽ミニバン モデル一覧→
2003/06~2005/04 フルモデルチェンジ一部改良 価格とグレード体系を見直し  
2002/01~2003/05 フルモデルチェンジ一部改良 エンジンのパワーアップと装備の充実  
2001/01~2001/12 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装を変更し各種装備を充実  
2000/02~2000/12 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実し魅力をアップ  
1999/06~2000/01 フルモデルチェンジ新車リリース 小さくても多彩なシートアレンジが可能 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV

▲コンパクトSUVのダイハツ ロッキーとOEMのトヨタ ライズに自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗した専用のプラットフォームが用いられている日本の道路事情にぴったりと合ったコンパクトSUV、ダイハツ ロッキー、トヨタ ライズが登場した。 全長は4mを切って、車幅も3ナンバーまで5㎜を残した1695㎜に収めた。 扱いやすさは言うまでもないであろう。 この2台は基本的にはすべてダイハツ工業が主体で、パッケージングやセッティングまで行ったという。 軽自動車から発展したのではなく、あくまでも5ナンバーのディメンションで作られた新型のSUV。これらのモデルの試乗した印象はいかがだろうか。 新たなプラットフォームは、新型タントで登場したダイハツの新たなアーキテクチャーで作られた「DNGA」である。 ロッキーとライズで、大きく変わるデザインの違いはフロントマスクだ。 好みもあるが、ロッキーは1世代前のアウディチックな要素を取り入れており、ダイハツらしさが出ている。 一方、ライズは“RAV4の弟分”のようなトヨタのデザインコンセプトに基づいており、洗練され  ・・・続きはこちら
(19-12-17)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索