中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  シトロエン >  エグザンティア
エグザンティア「シトロエン」のカタログ情報!

エグザンティアのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2000年10月~2001年12月
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
1998cc
最高出力
130ps
駆動方式
FF
スケール
4525mm×1755mm×1400mm
乗車定員
5名


エグザンティアのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
リミテッド・エディション 2000年10月~2001年12月 FF フロア4AT

エグザンティアの他のモデル

2000/10~2001/12 フルモデルチェンジ一部改良 特別装備のリミテッド・エディションが登場  
1999/10~2000/09 フルモデルチェンジ一部改良    
1998/10~1999/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装ともに大幅に変更  
1997/01~1998/09 フルモデルチェンジ一部改良 助手席エアバッグを標準装備  
1995/10~1996/12 フルモデルチェンジ一部改良 安全性の向上  
1994/10~1995/09 フルモデルチェンジ一部改良 安全性を向上  
1993/10~1994/09 フルモデルチェンジ新車リリース グランドツーリングカー顔負けの高速安定性 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車

▲今回試乗したのは、2019年7月に発表されたシトロエンのC3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポートする、写真はC3エアクロスSUVシトロエンの守るフィロソフィー、アドバンストコンフォートかつて文化や言語が違う国々によって作られるモノは、それぞれの国や地域、独自の特色を持ち合わせていた。 特に、工業製品はそうであろう。 しかしながら、 こと自動車業界においては、グローバリゼーションにより、そうした独自の特異な文化というものが失われ、ドイツ車のテイストが浸透していってしまった。 シトロエンという、たひとつの自動車ブランドを除いては。 簡素化した大衆向けの小型車であっても、守り抜くエンジニアリングがシトロエンブランドにはある。 「アドバンストコンフォート」というキーワードのもとに、コンフォート性、すなわち乗り心地を追求してきたことだ。そして、そのブランド特有の考え方を実際に乗ることでしか体感できないことを、シトロエン社は十分に理解している。 だからこそ、エクステリアやインテリアのデザインで人々を別世  ・・・続きはこちら
(19-10-06)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索