中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  シトロエン >  C3エアクロスSUV
C3エアクロスSUV「シトロエン」のカタログ情報!

C3エアクロスSUVのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
クロカン・SUV
新車時価格
263.8万円~302.5万円
JC08モード燃費
16.4km/L~16.7km/L
10・15モード燃費
排気量
1199cc
最高出力
110ps
駆動方式
FF
スケール
4160mm×1765mm×1630mm
乗車定員
5名


C3エアクロスSUVのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
フィール 2019年10月~  263.8万円(税込) FF フロア6AT
シャイン 2019年10月~  279.1万円(税込) FF フロア6AT
シャイン パッケージ 2019年10月~  302.5万円(税込) FF フロア6AT
オリジンズ 2019年10月~  295.4万円(税込) FF フロア6AT

C3エアクロスSUVの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2019/07~2019/09 フルモデルチェンジ新車リリース シトロエンならではのコンパクトSUV モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎

▲昨年登場したシトロエン ベルランゴに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートするフランスのお洒落な商用車"シトロエン ベルランゴ"国産車の現行商用モデルで、おしゃれな雰囲気を感じ取れるモデルは皆無だ。しかし、フランスには1950年代からおしゃれな雰囲気の商用車が存在し、今なお作り続けられている。 その中でも、日本市場で独り勝ちしたモデルが“ルノー カングー”だ。5ナンバーサイズで登場したが、年々大きくなるボディサイズをものともせず高い人気を誇っている。 そして同国フランスの雄、シトロエンも黙って見ていたわけではなく、着々とタイミングを見計らってた。そのモデルこそ“シトロエン ベルランゴ”だ。 その実力を測るべく、今回は最初のモデルとなる“デビューエディション”に試乗したので雰囲気をお伝えしたい。エンジンは力強く乗り心地も乗用車さながらデザインは、現在のシトロエンイズムを感じるラウンドデザインと独特なフロントマスクが個性を際立たせている。ライバルのカングーに比べると、数値的に幅で18mm、長さで123mm、高さで34mm  ・・・続きはこちら
(20-06-29)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索