中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  BMW >  X5
X5「BMW」のカタログ情報!

X5のカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年02月~生産中モデル
ボディタイプ
クロカン・SUV
新車時価格
920万円~1070.4万円
JC08モード燃費
14.4km/L
10・15モード燃費
排気量
2992cc
最高出力
265ps
駆動方式
4WD
スケール
4935mm×2005mm×1770mm
乗車定員
5/7名


X5のグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
xドライブ 35d 4WD 2019年02月~  920万円(税込) 4WD フロア8AT
xドライブ 35d Mスポーツ 4WD 2019年02月~  999万円(税込) 4WD フロア8AT
xドライブ 35d Mスポーツ 4WD 2019年02月~  1070.4万円(税込) 4WD フロア8AT
xドライブ 35d Mスポーツ ドライビング ダイナミクス パッケージ 4WD 2019年02月~  1029万円(税込) 4WD フロア8AT
xドライブ 35d Mスポーツ ドライビング ダイナミクス パッケージ 4WD 2019年02月~  1057.5万円(税込) 4WD フロア8AT

X5の他のモデル

2019/02~生産中モデル フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
2018/01~2019/01 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2017/10~2017/12 フルモデルチェンジ一部改良 BMWコネクテッドドライブを標準装備  
2017/05~2017/09 フルモデルチェンジ一部改良    
2017/04~2017/04 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2016/10~2017/03 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2016/03~2016/09 フルモデルチェンジ一部改良    
2015/07~2016/02 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/10~2015/06 フルモデルチェンジ一部改良 ドライバー支援システムが充実した  
2014/04~2014/09 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/11~2014/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 軽量化や空力性能の向上など効率化された3代目 モデル一覧→
2010/05~2013/10 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 高効率のエンジンに変更  
2008/11~2010/04 フルモデルチェンジ一部改良    
2008/10~2008/10 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2008/01~2008/09 フルモデルチェンジ一部改良 価格を改定  
2007/06~2007/12 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 先進装備でオンロードの走りを際立たせた モデル一覧→
2006/09~2007/05 フルモデルチェンジ一部改良    
2004/11~2006/08 フルモデルチェンジ一部改良 装備の充実化とオプションも一部変更  
2004/05~2004/10 フルモデルチェンジ一部改良 最上級グレードの排気量を拡大  
2003/10~2004/04 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 前後のデザイン変更と新エンジンの搭載  
2003/04~2003/09 フルモデルチェンジ一部改良 3.0iの装備見直しと価格の引き下げ  
2001/04~2003/03 フルモデルチェンジ一部改良    
2000/10~2001/03 フルモデルチェンジ新車リリース SUVとは一線を画すSAV モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 BMW X5|往復1000kmのドライブで感じた、快適と高揚の融合

▲今回試乗したのは、2019年2月に発表された新型のBMW X5。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による長距離試乗の模様をレポートするラグジュアリー路線を強めてきた歴代のX5BMW初のSUVであるX5は、スポーツユーティリティというストライクゾーンが広いビークルではなく、アクティブな使い方に加えてスポーツドライビングといった部分まで盛り込んだモデルだ。 初代のX5は一般的なSUVに比べると本当にスポーティなハンドリングで、タフさも兼ね備えながら、車高が高いにも関わらずソリッドなセッティングの印象が強い。 しかし、2代目から徐々にマチュアな雰囲気となって、プレミアム性が高まってきた。 このモデルより6気筒のターボディーゼルを搭載したモデルが加わり、日本における直列6気筒のディーゼルエンジン搭載車のプレミアム性を感じた。 そして2013年に登場した3代目では、エクステリア、インテリアともに高級感がぐっと増して、優雅さがある本物の大人のラグジュアリーSUVとなった。 ディーゼルエンジンでのプレミアム性をますます向上させた印象が強い。 発売とともに比叡山往復の1000kmロン  ・・・続きはこちら
(19-08-08)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索