中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  BMW >  M4カブリオレ
M4カブリオレ「BMW」のカタログ情報!

M4カブリオレのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
オープン
新車時価格
1409万円
JC08モード燃費
10.8km/L
10・15モード燃費
排気量
2979cc
最高出力
450ps
駆動方式
FR
スケール
4685mm×1870mm×1390mm
乗車定員
4名


M4カブリオレのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
コンペティション M DCT ドライブロジック 2019年10月~  1409万円(税込) FR フロア7AT

M4カブリオレの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2019/01~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2018/05~2018/12 フルモデルチェンジ新車リリース 高性能スポーツカーM4のオープンモデル モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ

▲今回は、2019年9月にマイナーチェンジしたスカイラインの中で、特にホットなモデルの400Rに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が、その様子をレポートするエンブレムをインフィニティから日産へ付け替え、大きくマイナーチェンジ13代目となる現行型のスカイラインが、6年前に登場した時には物議を醸した。 日産 スカイラインとして日本で販売するにも関わらず、北米のプレミアムブランドとして作られたインフィニティ Q50と同様のエンブレムを装着しているのだから。 しかし、ただ単にエンブレムを付けているのではなく、フロントグリルのデザインや質感の高い内装など、同社のプレミアムブランドにふさわしい車になっている。 日産ブランドのモデルに比べると、かなりのコストをかけて作られたことがわかる。 以前、他の記事でも紹介したが、オススメできる1台である。もっと売れてもいいモデル スカイライン編はこちらこのたびのマイナーチェンジで、大幅なフロントマスクの変更と伝統的な丸テールを復活させ、インフィニティ スカイラインから日産 スカイラインへと生まれ変わった。 スカイ  ・・・続きはこちら
(20-02-25)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索