中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  BMW >  7シリーズ
7シリーズ「BMW」のカタログ情報!

7シリーズのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年10月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
1169万円~2455.7万円
JC08モード燃費
7.6km/L~15.6km/L
10・15モード燃費
排気量
1998cc~6592cc
最高出力
258ps~610ps
駆動方式
FR/4WD
スケール
5110mm×1900mm×1480mm/他
乗車定員
4/5名


7シリーズのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
740e iパフォーマンス 2016年10月~  1169万円(税込) FR フロア8AT
740e iパフォーマンス Mスポーツ 2016年10月~  1240万円(税込) FR フロア8AT
740i 2016年10月~  1225万円(税込) FR フロア8AT
740i Mスポーツ 2016年10月~  1296万円(税込) FR フロア8AT
740Li 2016年10月~  1354万円(税込) FR フロア8AT

7シリーズの他のモデル

2016/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2016/04~2016/09 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2015/10~2016/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ カーボンファイバーの採用によって大幅な軽量化を実現 モデル一覧→
2014/08~2015/09 フルモデルチェンジ一部改良 装備内容がさらに充実  
2014/04~2014/07 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/08~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 歩行者検知機能付き衝突回避・被害軽減ブレーキを装備  
2012/09~2013/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 燃費性能を向上  
2009/03~2012/08 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 優れた走行性能と居住空間が兼ね備わったフラッグシップセダン モデル一覧→
2008/10~2009/02 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2008/01~2008/09 フルモデルチェンジ一部改良 価格を改定  
2006/09~2007/12 フルモデルチェンジ一部改良    
2005/05~2006/08 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と新エンジンを搭載  
2003/11~2005/04 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実化し一部グレードの価格を改訂  
2001/10~2002/01 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 革新的な技術を投入したフラッグシップセダン モデル一覧→
2000/11~2001/09 フルモデルチェンジ一部改良 ドライバーサポートシステムを充実  
2000/08~2000/10 フルモデルチェンジ一部改良    
1999/11~2000/07 フルモデルチェンジ一部改良    
1998/11~1999/10 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更とエンジンを低公害型に改良  
1998/01~1998/10 フルモデルチェンジ一部改良 頭部保護エアバッグを採用  
1996/11~1997/12 フルモデルチェンジ一部改良 ミッションを変更  
1996/06~1996/10 フルモデルチェンジ一部改良 ステップトロニックを装備  
1994/11~1996/05 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 走りと高級さを磨いた最上級モデル モデル一覧→
1992/11~1994/10 フルモデルチェンジマイナーチェンジ V8エンジンを搭載  
1992/01~1992/10 フルモデルチェンジ一部改良    
1990/09~1991/12 フルモデルチェンジ一部改良    
 

クルマニュース

BMW7シリーズは真のBMWフリークにオススメしたいクルマだ

▲「7シリーズを買おうと思う」と言うと、周囲の人はどんな反応を示すだろうBMWらしい軽快さを身につけたフラッグシップ試乗会場の広い庭園に、新型7シリーズが整然と並べられていた。自然の中に置かれると車のサイズ感が狂ってしまうものだが、7シリーズは比較対象となる人工物がなくても強い存在感を放ち、フラッグシップらしい威風堂々たる佇まいであった。真横から観察すると、デザインはまさに正常進化。ロングノーズ&ショートデッキというBMWらしいフォルムはそのままに、間延びすることなくアスリートらしいカタマリ感が表れている。先代よりもシャープに見えるのは全長が19mm長く、そして全高が8mm低くなっているだけではなく、それを強調するキャラクターラインによるところも大きい。手の動きを感知してオーディオなどの操作ができるジェスチャーコントロールをはじめ電子制御による最先端装備が充実し、新型のトピックスは数多い。そのなかでも、最も注目すべきは大幅な軽量化に成功したことだろう。試乗車の740iは車両重量1880kg(Mスポーツは1900㎏)で「軽さ」に定評のあるアウディA8より50  ・・・続きはこちら
(16-03-11)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索