中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  BMWアルピナ >  B5ツーリング
B5ツーリング「BMWアルピナ」のカタログ情報!

B5ツーリングのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2015年12月~生産中モデル
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
1776.7万円
JC08モード燃費
7.1km/L
10・15モード燃費
排気量
4394cc
最高出力
600ps
駆動方式
FR
スケール
4915mm×1860mm×1500mm
乗車定員
5名


B5ツーリングのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
ビターボ 2015年12月~  1776.7万円(税込) FR フロア8AT

B5ツーリングの他のモデル

2015/12~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2015/01~2015/11 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/04~2014/12 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/11~2014/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
2012/04~2013/10 フルモデルチェンジ一部改良    
2011/04~2012/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
2007/10~2011/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
2006/09~2007/09 フルモデルチェンジ新車リリース スーパーチャージャーを装着した超速ワゴン モデル一覧→
 

クルマニュース

新型ステップワゴンは、スポーツハイブリッド導入で速くて快適なミニバンへと進化した

▲発売から2年半が経ち、マイナーチェンジした5代目ステップワゴン。今回はハイブリッドモデルが追加されたスパーダに試乗した見た目だけではなく走行性能も大きく進化した5代目へとフルモデルチェンジしたホンダ ステップワゴンに試乗したのが、2015年5月であった。その時の印象を思い出すと「おとなしい植物系」、つまり「派手さはなくやわらかい見た目」というイメージだった。顔付きを少々シャープにしたスパーダであってもそれほどアクは強くなかった。個人的にはミニバンでありながら上品で良いと思っていたが、勢いは十分とは言えなかった。パワーユニットもちょっと遅れて出てきたダウンサイジングターボだった。それがひとつのアピールポイントでもあったが、本当はハイブリッドもラインナップに加えてバリューを高めたかったはずだ。そして2年半が経過し、ステップワゴンはしっかりと磨かれてリニューアルされた。どうやら今回は、ハイブリッドモデルが投入されたスパーダに力を入れたようだ。以前よりもガッシリとした顔つきになり、目力もシャープになった。どことなく先代スパーダのエッセンスが注入されたグリルまわりだ  ・・・続きはこちら
(17-11-19)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索