中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  アウディ >  Q2
Q2「アウディ」のカタログ情報!

Q2のカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
クロカン・SUV
新車時価格
312万円~459万円
JC08モード燃費
17.9km/L~19.8km/L
10・15モード燃費
排気量
999cc~1394cc
最高出力
116ps~150ps
駆動方式
FF
スケール
4200mm×1795mm×1500mm/他
乗車定員
5名


Q2のグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
30 TFSI 2019年10月~  312万円(税込) FF フロア7AT
30 TFSI スポーツ 2019年10月~  386万円(税込) FF フロア7AT
30 TFSI スポーツ Sラインパッケージ 2019年10月~  426万円(税込) FF フロア7AT
35 TFSI シリンダー オン デマンド スポーツ 2019年10月~  419万円(税込) FF フロア7AT
35 TFSI シリンダー オン デマンド スポーツ Sラインパッケージ 2019年10月~  459万円(税込) FF フロア7AT

Q2の他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2018/09~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良    
2017/06~2018/08 フルモデルチェンジ新車リリース コンパクトなボディにアウディの魅力を凝縮したSUV モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ

▲2019年1月に登場した4代目アウディ RS4アバント。「アウディスポーツGmbH」社が開発を担うハイパフォーマンスモデルだが、今回は自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗した際の模様をレポートするモータースポーツのスペシャリストによって開発されるRSシリーズ2019年の初頭、6年ぶりにアウディ RS4アバントがフルモデルチェンジを受けて登場した。初代こそ日本に正規輸入はされなかったが、今回のモデルは4代目となる。 代々のRSシリーズは、アウディの子会社である「クワトロGmbH」社が開発を担ってきた。 クワトロGmbHは、現在では「アウディスポーツGmbH」と社名を変更したが、アウディが携わるモータースポーツ車両を開発するスペシャリスト揃いの会社である。 ここで生まれたRSシリーズにはすべて試乗してきたが、どれも文句のつけようがないほどに高性能であった。 今回、4代目のRS4アバントに試乗できる機会を得たのでそのパフォーマンスをお伝えしたい。スポーティになってもユーティリティと高い質感は健在RS4アバントのエクステリアは、ワイドフェンダーと地をはうよ  ・・・続きはこちら
(19-10-14)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索